えっ!まさかのヒラマサ90cm!三重県紀伊長島沖でオフショアジギング

11月2日、三重県・紀北町紀伊長島の遊漁船にお邪魔してきた。

この記事は『週刊つりニュース中部版』2017年11月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

  

天気は快晴。釣果を伸ばす!

スムーズなサオさばきでカンパチ50cmゲット!

雲もなくいい天気で、風が少し吹き青物にはいいなと思っていたのだが、ポイントに着くやいなや1投目にヒット

びっくりしながらも上がってきたのはキジハタ41cm

同船の東稚佳さんにもオオモンハタが釣れてくる。

ヒラメ55cmをキャッチの船長

オオモンハタは小さいサイズも釣れてくるので、リリースしながらも数を伸ばしていく。

午前8時を過ぎたころには、ロックと同じポイントでハマチが釣れるようになった。

サイズは40~55cmまで。

バラシもあるが楽しませてくれる。

使用しているジグは『TGベイト/DAIWA』の赤金だが、カラーローテーションし赤金からブルピンと変えることにより、また釣果が伸びた。

そして東稚佳さんにパワフルなバイト

彼女はタイラバでは何匹もマダイを釣っているが、ジギングでは初めて魚を掛けたとのこと。

だがマダイで慣れているのか、スムーズなサオさばきで魚を上げるとカンパチ50cmだった。

いろいろアドバイスしていたのだが、シャクリも断然うまくなっていた。

東さんは船長の奥さまでタイラバから釣りにはまり込み、今ではすご腕のアングラーだ。

フルドラグでのやり取りをするも……

フルドラグでのやり取りで手にした90cmのヒラマサ。

そして10時すぎ、ついにドラマが起こった。

ドラグがうなりラインが止まらない。

水深35mと浅いので、ダイワの『ソルティガ12ブレイド/DAIWA』2号を信じて、フルドラグでやり取りする。

だがそれでもラインが出ていく。

姿が見えた瞬間、デカイ!ブリかと思ったのが、水面を割ったのはヒラマサ

しかもサイズは90cmでびっくりだ。

三重県でこのサイズに出会えるなんて、滅多にないことだと思う。

その後は失速したものの、後ろでサオを出していた船長がヒラメ55cmを釣り上げ、午後1時30分に沖上がりとなった。

まさかのヒラマサを釣り上げることができて満足の釣行になった。

楽しく釣りをさせてくれた船長と奥さんにお礼を言い、紀伊長島を後にした。

今後はブリも回遊する紀伊長島沖、人気フィールドになりつつあるようだ。

<週刊つりニュース中部版 APC・葛西剛/TSURINEWS編>

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。