釣れすぎて困惑……浜名湖フィッシングリゾートでトラウト爆釣!150匹超も

11月4日、静岡県浜松市にある浜名湖フィッシングリゾートでは、待ちに待ったエリアトラウトがオープンした。午前6時半に到着すると、すでにオープンを待ちわびたアングラーがたくさん並んでいる。釣友のアンデッドファクトリーのフィールドテスターの河合竜也さんと現地で合流し、午後7時に入場した。

この記事は『週刊つりニュース中部版』2017年11月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

  

ルアーポンドエリアから釣り開始!すると……

開場前には入り口に行列が!

数釣りができるルアーポンドと、大物が多数入っているエキスパートポンドの2つのエリアがあり、私と河合さんはルアーポンドに移動。

早速釣りを開始した。

すると、開始早々全アングラーがワンキャストワンヒットの大爆釣が始まる。

私は『MIU/Forest』の2.2g放流カラーをチョイスしてキャスト。

当日のヒットルアー。

カウント1を速巻きするといきなりガツンとヒット

フレッシュなトラウトはパワーがあり、ジャンプを繰り返す。

上がったのはヒレピンのニジマスだ。

一方河合さんもまるで機械のようにニジマスを掛けていく。

様子を見ると掛けてはリリーサーで素早く逃がし、すぐキャスト、そしてまた掛ける。

私も河合さんもしばし大爆釣を味わった。

たくさん釣ったところで、河合さんはエキスパートポンドに移動。

狙うは50cmを超える大物だ。

私も隣でスタート。

すると速攻でヒットするが、レギュラーサイズの活性が高すぎて大物が掛からない。

ついにかかった大物

女性アングラーも快釣。

すると河合さんのドラグがうなりを上げる。

これはデカい!」と大物と確信。

何度もラインを出す魚をうまくロッドワークで寄せてネットイン。

見事重量感のある60cmクラスのF1(雑種第一代)トラウトゲット
さすが河合さんといったところだ。

参考タックル図。

午後8時、河合さんを含めいろいろな人の釣果を聞いて回ると、すでに80匹の釣果をたたき出している人もいる。

私も写真を撮りながらでもすでに40匹超えだ。

1時間を過ぎると、あまりの釣れすぎに休憩をする釣り人が多発。
私も河合さんもレストハウス前で休憩。

すると続々と大物を釣ったアングラーが、検量所に魚を持ってくる。

浜名湖フィッシングリゾートでは50cmオーバーで200円の割引券60cmオーバーで500円の割引券がもらえるのだ。

すると、ネットからはみ出した丸太のようなF1トラウトが運ばれてきた。
検量所もどよめきが上がるほどだ。

計測すると驚異の72cm

素晴らしい魚体に釣り上げたアングラーも笑みを浮かべていた。

依然として高活性は続行……

大爆釣中……。うまくロッドワークで寄せてネットイン!

休憩も終わりルアーポンドへ戻る。

放流効果は落ち着いたとはいえ、依然高活性だ。

中層を引くとまだまだひったくるアタリが連続する。

河合さんはチャートカラーで中層を巻き上げるように引き、相変わらずのワンキャストワンヒットを継続中だ。

冬は室内のイズミダイ釣りもオススメです。

午前11時、河合さんのカウンターを見ると108匹と驚異の数字をたたき出している。

もし休憩を挟まなかったら、もっとすごいことになっていただろう。

私もおそらくは70匹くらい釣り上げている。
他の釣り人の話を聞くとすでに150匹を超えている人もいた。

午前11時半、大爆釣を味わって大満足で納竿とした。

今回は大物を釣り上げることができなかったが、オープンならではの雰囲気を味わえた。

次回は60cmオーバーを目指したい。

浜名湖フィッシングリゾートではエリアトラウトだけでなく、1時間1500円でブラックバス、イズミダイも釣ることができる。

イズミダイは室内池になっており、これからの寒い時期でも安心して釣りができる。

初心者でも簡単に釣れるので子供にもぴったりだ。

<小牧市・鈴木大輔/TSURINEWS編>

▼この施設について
浜名湖フィッシングリゾート

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。