魚の楽園!夜の上甑島で磯の大物、タバメを狙う【鹿児島県上甑島の磯】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の夜釣りもそろそろ終盤戦。10月10日に釣行したときの様子をリポートする。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年11月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

  

カゴ釣りで豪快なサオ曲がりを夢見て

筆者の仕掛け。

この日は現地の里港から藤丸の瀬渡し船に乗り、夜明け前に港近くの磯へ。

狙いは終盤を迎えたタバメ(ハマフエフキ)シブダイで、カゴ釣りのスタンバイ。

ウキは落としても割れない発泡仕様の遠投カゴサビキ、ハリは強固なカット真鯛をチョイス。

エサはまきエ、つけエともにオキアミボイルを2角用意した。

タナはサオ1本半。

仕掛けを15mほど先に放り込んで置きザオにし、アタリを待つと早速アタリ。
上がったのはエサ取りで20cmほどのマツカサだ。

そのままマツカサが入れ食い状態で、苦戦を強いられた。

つけエをハリに刺す際、専用のストッキングで巻くと、少し時間が稼げる。

手数を増やすこと1時間、ようやくウキが気持ちよく入った。

リールをゴリ巻きすると1kgほどのシブダイが浮上。

同じ要領で2.5kg前後のタバメを上げ、勢いづくかに思われたが、後が続かない。

夜明け前の激闘で終止符

午前6時ごろ、空は白み始めるとこの日一番のアタリ。

豪快なサオ曲がりを堪能して取り込んだのは3kg級のタバメで狙いは的中だ。
が、本命の魚信はこれでストップ。

日が高くなると、さすがにアタリはなく、カゴ釣りを終了。
ミャク釣りでオジサンを2尾追加したところで、10時ごろ納竿した。

現地の水温はまだ25度前後ある。

シブダイ、タバメは例年11月いっぱい釣れるので、もう少し楽しませてくれそうだ。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
藤丸

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。