牛久の小河川でのどかにタナゴ釣り【茨城県つくばみらい市西谷田川のホソ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月7日(土)、茨城県つくばみらい市を流れる西谷田川のホソタナゴを狙った。午後2時すぎ、狸山橋に到着。雨上がりの秋晴れで、絶好の釣り日和だ。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2017年10月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

  

本流脇のホソを狙う

周辺のホソをチェックし、橋の下流の農道地下排水路の前で竿を出す。

タックルは80cm タナゴ専用竿にミチイト0.3号を竿いっぱいに結び、テトロン100番ハリス3cm、タナゴバリ新半月をミニヨリモドシで接続。

発泡タナゴウキの下にジンタン目印6個付け。

トップのウキの頭が水面スレスレになるように板オモリで浮力を調整。

エサは野釣りグルテンを軟らかめに仕上げ、ハリ先に小さく丸めて付ける。

タナは底から10cmほど切り50cmに取る。

すぐにタナゴが反応

小場所だが魚影は濃い。

ここをあきらめ、少し下流へ移動。
ゆっくりと流れている。

土管前でキラキラとヒラ打ちが見えたので、その1mくらい上流から自然にエサを送り込む。

すぐにピクピクとウキが反応。

軽く竿を立ててアワせるとブルッ、ブルッときて、3cmのオカメタナゴ(タイリクバラタナゴ)が宙に舞う。

1投目から釣れるとは幸先いいスタートだ。

3尾まで同型が入れ掛かり。

しかし、その後は続かず、クチボソの派手なアタリに変わってしまう。

ウキ下を調整したり流すコースを少しずらすと一時的に好転するものの、長続きはしない。
クチボソの勢力が強いようだ。

下流側へポイント移動

アタリが多くビギナーにもじゅうぶん楽しめる西谷田川のホソ。

水量は多めで、水色は薄濁り。

ここをあきらめ、少し下流へ移動。
水通しのいい水路の交差点で竿を出す。

柵板護岸のコンクリート支柱のゴミがつかえている陰に小魚が遊泳しているのが見える。

目を凝らしてみるとクチボソに交じってタナゴの姿がある。

遊泳層に合わせてウキ下を30cmに取り、群れの外側からエサを送り込むと、エサに気付いた魚が一斉に群がってウキが勢いよく引かれる。

軽く竿を立ててアワせると3cm本命

続けてウキが横に引かれて小気味いい引きで4cmが登場。

その後も小さなアタリを取り、3cm前後が同型のクチボソに交じってぽつぽつ釣れる。

タナゴ以外にクチボソや小ブナも狙い目

秋ののどかな午後を満喫した釣行になった。

8尾釣ると場荒れ気味かアタリが遠くなり、5時すぎに納竿。
釣果は3~5cmのオカメ(タイリクバラタナゴ)が13尾だった。

クチボソと混泳しており、本命のみの数釣りは難しいが、そこそこ楽しめるだろう。

アタリは多いので飽きることはなく初心者にもお勧め。
小ブナも多く、底釣りすれば数が期待できそう。

稲刈りが終わった田んぼには、赤トンボが飛び交いとてものどか。
環境抜群で都心からも近く秋晴れの一日をのんびり過ごすのにもってこいの場所だ。

<週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦/TSURINEWS編>

▼アクセス
R6を土浦・水戸方面に向かい、取手市の小浮気信号を左折し藤代バイパスに入る。小貝川を渡ってすぐ左折し210号でつくば市へ。
上岩崎信号を左折し46号に入り西谷田川に架かる上岩崎橋に出る。
川沿いの道を進み狸山橋へ。

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。