秋イカナイトゲーム短時間でサクッと3尾【熊本県天草市通詞島南岸の港内】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ開幕しそうな秋イカシーズン。
ちらほらと釣果が出だしたので、様子見がてら9月29日深夜から熊本県天草市五和町の通詞島へ車を走らせた。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年10月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

  

まずは港外を探ってみたら……

筆者のタックル。

到着したポイントは、通詞島南岸の港内。

堤防にはアジ釣りをしている人がいて、豆アジがかなり釣れているようだ。
しかも港内には、キビナゴらしきベイトがかなり入っており期待が膨らむ。

早速、タックルを準備して釣り開始。

最初は、「良型がいないかな?」と、堤防から港外向きにキャスト。
ボトム付近を探るが、潮の流れが速く釣りづらい。

そこで、潮が緩い場所を見つけてボトムを取ってからシャクり始めるものの、アタリがまるでない。
釣座を替えながらシャクっても状況は同じだ。

「港外に待ち構えているアオリイカがいるはずだけどな~」と、思いながら30分ほどシャクったがアタリはまったくなかった。

サイズは落ちるかもしれないが、秋イカといえば港内だろう」と思い、探るポイントを替えてみた。

港内側はアタリとりやすく連発

 

さすがに港内はボトムも取りやすい。

ボトムからショートピッチで3回ほどシャクり、5秒ほどカーブフォールさせるとガッと触手で触るイカパンチがあった。

乗ってこないので同様にシャクると、次のフォールでグッ……グイっとエギを抑え込むアタリ!

久しぶりのジェット噴射を堪能し抜き上げる。
キャッチしたアオリイカは、200gほどのコロッケサイズ。

まだまだいるはずと思いながら探ると、同サイズがまたしてもヒット!

「まだいるかな?」と探るが、反応がなかったので釣座を移動した。

次は、港の出口付近で港内にキャストするとヒットしたが、これはサイズダウン。

触手でエギをつかんでいた。
その後は、アタリがなくなったので納竿とした。

今回は、短時間のナイトゲームで秋イカサイズを堪能した。
サイズはいまいちだったが、これからどんどん大きくなり楽しめるようになるだろう。

今度はデイゲームで、サイトフィッシングも楽しみたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃/TSURINEWS編>

▼アクセス

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。