中紀で浅い磯場の船釣りカワハギ好発進【和歌山県由良糸谷港尾張屋】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月9日、中紀・由良糸谷の尾張屋カワハギ釣りに出かけた。尾張屋では9月中旬からカワハギでの出船を始めていたが、このところは落とし込みの青物が絶好調で、カワハギでは今季2回目の出船とのこと。

この記事は『週刊つりニュース関西版』2017年10月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

  

生アサリがないときは冷凍エサなども有効

市販エサはパターンを変えたいときや困ったときの強い味方。

日ノ岬沖の深場では、まだカワハギが散らばっていると判断して、蟻島~小浦崎の沖にある水深30m前後の浅い岩礁帯を中心に攻めることにし、朝6時過ぎに出船した。

ポイントが近いので20分ほどで到着するとベタなぎ。
風もそよそよで、潮の流れと合っていて、ドテラ流しでもミチイトが立つくらい。

この日のタックルはサオが『ステファーノ180/SHIMANO』にリールは『ステファーノ101XG/SHIMANO』、PEラインの0.8号にリーダーは4号を1mほど。

エサは今年新発売された冷凍アサリの『カワハギゲッチュ/マルキユー』を前日に、『バクバクソルト/マルキユー』で締めたものを持参して、船上で1度海水で洗い、『ウマミパワー・エビ/マルキユー』をまぶした。

小粒だが水管もベロもしっかりとしていて使いやすそうだ。

普段は自分でアサリを剥くのだが、この冷凍製品が使えれば、時間がないときや、アサリ不足のときなどに役立つはず……との考えだ。

磯場で本命好釣

擦れるようなアタリを掛けアワセて中型ゲット。

さて、まずは仕掛けの上部に中オモリ2号とケミホタル25、仕掛けの中ほどに0.5号の中オモリを付けてスタート。

着底後、サオいっぱいまで誘い上げ、仕掛けを揺らしながら下ろしていく。

カワハギにしっかりとエサを見せて寄せるイメージだ。

着底すれば、ゼロテンション(テンションを掛けず、緩めずの状態)で、アタリを待つとすぐさま「ササッ」と擦れたようなアタリ。

実はこれがカワハギの本アタリ。

軽くサオを立てると、心地いいドンドンという引きが伝わる。
1匹目は23cmの良型。

その後も同じパターンで次々にカワハギが掛かって快感そのもの!ポイントが砂底に差し掛かると、船を移動させる。

次はいろいろな魚が触ってくるゾーン。

誘いの途中で掛かるのはチャリコ、待ちすぎるとベラフグなどがエサを取りにくる。

周りでもポツポツと良型カワハギが上がっている。
朝の時合いなのだ。

食いが渋ったら違うパターンで攻める

名手平田さんもいろいろな手を試して23尾。

潮が止まってくると、カワハギの食いが少し渋くなり、小さなアタリがさらに小さく、ほんの微かな違和感か、たまたま仕掛けを上げたときに掛かっている(アタリが分かっていない)状態が時折出てくる。

少しキャストして、海底で仕掛けを横へスライドさせつつアタリを出させると、きれいにアタリが出る。

この日のカワハギは動きが非常に速く、誘いの後、アタリを取りにいくとエサを簡単にかすめ取られる感じ。

やや誘いの速度を落として、海底でオモリを転がすようなフワフワした誘いをしていると、その途中でいきなり食ってくる。

とにかく、仕掛けをしっかりと動かすのがキモだったが、ただ、あまり大きな幅の誘いには反応が悪かったようだ。

ばっちりと手が合って、いいペースで釣れ、納竿の午後1時過ぎまでに25cm級を頭に29匹を手中にした。

エサは全てカワハギゲッチュで通したけれど、十分釣れることが分かったので、今後は強い味方になりそうだ。

周辺のカワハギはこれから水温が下がるにつれ、深場で釣れるようになり、来春の5月末までのロングランで楽しめる。

<週刊つりニュース関西版 APC・松村計吾/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
尾張屋
TEL:0738-65-1006

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。