高級根魚と大型青物加速!九州の落とし込み釣り【北九州市大里港宝生丸】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月10日、北九州市門司区・大里港宝生丸(山崎船長)で響灘の落とし込みに釣行した。
メンバーは西村さん、高柳さん、岸本さん、和田さん、畦森さん、阿部さん、藤田さん、武田さん、山本さんだ。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年9月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

  

序盤は高級根魚でスタート

午前6時前に船長が来た後、釣座の抽選をして決まったところで出船。

白島を過ぎるとウネリはなく、順調に水深70mのポイントに到着、55mから下にベイトがいるようだ。

釣り始めると、2投目にベイトが掛かったが、それを底まで落として待ってもアタリはない。

しかし、10mほど上げてみたところでガツンとしたアタリがでた。

青物が首を振るようなアタリだったので、船長にタモですくってもらうようにお願いしたが、上がってきたのは2kg級のタカバ(マハタ)だった。

その後、私の横で釣っていた藤田さんにもアタリがあり、同型のタカバがヒット。
西村さんもタカバ2尾アコウ(キジハタ)を釣っていた。

良型のタカバがヒット。嬉しい高級魚。

このポイントでは2時間ほど釣ったがベイトの気配が良くないので、30分ほど走って沖へ移動。

ここでは1時間ほど狙ってみたが、青物のアタリがでないので、最初のポイントへ戻って釣り再開。

しかし、二枚潮となっており釣りにくい状況だ。

終了間際に高活性!

ラストにヒラマサが次々とヒット。なかなか終わらない展開に。

納竿近くになったころ、ようやく潮が動きだすと様子が一変して、イワシの大きな群れが入り仕掛けに付きだした。

藤田さん、武田さん、西村さんのサオが曲がり、3~4kg級のサワラがヒット。

船中ではバラシもある中、高柳さんはアラ(クエ)6kg級を釣り上げていた。

それからは、ベイトもよく付きだして青物のヒラマサもヒットするなど、船長も大忙し。
納竿予定時間をオーバーしてしまった。

当日は、納竿間際まで潮が動かなかったが、状況が良ければ青物が数釣れていただろう。
自然相手なので、私の力ではどうしようもなかった。

なお、落とし込みはこれからが本番。
ベイトのサイズも11~13cmになっていたため、それが仕掛けに付くとすぐに分かる。

同船は、夜焚きイカ釣りや沖五目釣りにも出船中。
釣行日が決まれば、船長に相談して予約を入れるとよいだろう。

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
宝生丸
TEL:090-2084-6000
釣り船予約サイト『釣楽』からの予約でお得なポイントをゲット!

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。