敦賀沖で大物が回遊!タイラバとジグで五目釣り【福井県敦賀港ブルーズ】

お盆明け、敦賀沖では1mを軽く超える大型シイラが回遊し、タイラバやライトジギングでは良型のマダイアマダイ極太のメジロが釣れているとの情報を受け、8月26日、福井県敦賀市敦賀港から出船しているブルーズへ取材に訪れた。

この記事は『週刊つりニュース関西版』2017年9月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

  

まずは良型の根魚がお出迎え

開始直後、良型のアコウ(キジハタ)がヒット!

午前9時出船、当日は朗報を聞きつけたアングラーが殺到し、船は12人の満船。

船は魚探の反応と海鳥の動きを見つつ、敦賀湾口から河野海岸沖のポイントライトジギングキャスティングで探っていった。

序盤から良型のアコウビッグなウッカリカサゴが顔を見せ、船中は盛り上がったが、皆が夢見ているのはマダイやメジロ、巨大シイラだ。

しかし期待に反し、鳥の姿もまばらで、先日まで出現していたシイラ、メジロ、サワラが混在した巨大ナブラ(底にはマダイのおまけつき)との遭遇も難しそうだ。

越前岬沖の深場へ

北陸名物巨大ウッカリカサゴ。

そこで船は小移動を繰り返し、ハタ類レンコダイなどの釣果を追加しながら、越前岬沖へ移動した。

ここはブリやヒラマサのほか、過去に80cmを優に超えるマハタやザブトンヒラメがキャッチされているポイントだ。

まずは70mラインから探っていくが、アタリがないのでさらに深場へ。

アナウンスで告げられた水深は120m台。
ここはマダイやオコゼが中心となる。

ほどなくしてタイラバで探っていた渋谷さんに良型の魚がヒット。
サオをたたく様子から本命のようだ。

しばしのファイトの末、海面に現れたのは58cmのマダイ
産卵から回復し、プロポーション抜群となったきれいな姿だった。

時合に突入!

強烈な引きの末、あがってきたのは81cmのブリ。

ちょうどこのころから時合いを迎えたようで、船中が慌ただしくなり始めた。

そして『QUEEN/CROSS TWO』の160gをスローピッチでジャークしていた堤さんに当日一番の大物がヒット

スプールから勢いよくラインが出されていく。

「寄せては走られ」が何度もくり返され、ようやく相手も疲れてきたようだ。

やがてギラギラと輝く魚体が見えた。
無事ネットに収まったのは81cmのブリだった。

晩夏とはいえ、日中はまだまだ暑い。

耐えかねてロッドを置くアングラーもいるほどの灼熱のなか、まさにジャークを続けた堤さんの粘り勝ちだった。

ラストも大捕り物のドラマ

ヒラメ56cmをキャッチ!

渋谷さんのマダイが発端、さらに堤さんのブリが極めつけとなり、船中モチベーションは全開。

ベイト反応が現れるボトムを中心にみんな丹念に探っていった。

そしてラスト30分、左舷後部の大成さん、右舷トモの広瀬さんにも続けてヒット。

ともに良型の魚のようで、丁寧なファイトが展開された。

大成さんが56cmのヒラメ、広瀬さんが59cmのマダイで、ともにスロージギングでの釣果だった。

敦賀沖のオフショアゲーム、これから秋にかけ青物やシーバス、サワラ、根魚が盛期を迎える。
シイラの回遊も秋まで続くので、チャンスはこれからだ。

また同海域は魚種が多彩で、さまざまなスタイルで挑戦できるのも魅力のひとつ。

青物のジギングをメーンに、キャスティングによるヒラマサシイラ、ライトキャスティングによるサワラ、スロージギングでマダイやハタ類、ライトジギングでシーバスマダイと近海の人気ターゲットは全て狙うことができる。

まもなく盛期を迎える敦賀沖に、ぜひ出かけてみては。

<週刊つりニュース関西版 編集部・五井/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
ブルーズ
TEL:090-2129-6138

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。