ナイターが楽しい!北九州のタチウオ釣り【福岡県北九州市太刀浦海岸】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月19日の釣行。お盆も終わり、営業終了後、午前0時すぎからスタッフと一緒に夏の関門の風物詩である夜釣りでのタチウオを狙ってきた。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年9月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

  

ショアからのワインドで気軽にタチウオナイター

エサ釣りやオフショアでのルアーは多少の経験はあるものの、ショアから、夜しかも、初めてのワインドでの釣行で、不安だらけだが、楽しく遊ぶ!これが一番、ワイワイ楽しみながら行ってきた。

今回のタックルは、ロッドは8ftのエギングロッド、リールは『ステラ3000SDH/SHIMANO』、ラインは『アバニエギングPE/VARIVAS』の0.8号、リーダーは『アバニリーダー/VARIVAS』の4号、ルアーはワインド用ジグヘッド10g、ワインド用ワームのオフホワイト夜光カラー。

携帯電話で情報を集めた結果、北九州市門司区太刀浦方面がなかなか良さそうな記事、みんなで話し合い太刀浦の大きな湾口でやってみた。

現地に着いたころにはかなりの人。
人気さがうかがえる。

指幅3.5本級含め数ヒット!

食べごろサイズが次々登場。

早速、仕掛けを組んでスタート!

まずは、どのタナでアタるのかを探っていく。
表層、中層、低層、大まかに探るがアタリなし。

周りではポロポロ釣れているのだが、今度はアクションを変えタチウオが反応しやすい動きを見つけていく。

緩めのジャークや、早めのジャークなど試すうちに、横に飛ばしながらのスラックジャークに反応がいいことに気付いた。

タナも表層で、かなりの数がいる。

自信を得て遠投し、スラックジャークを入れ、水平フォールを繰り返すとガツン!アタリ!即アワせてやり取り開始。

タチウオの姿からは想像もできないほどのファイト。
慎重に寄せてぶり上げてみると、指幅3.5本ほどのまずまずサイズ。

ショアから良型が出た。

確信を得て、次々と釣り上げ30尾ほど釣り上げたころ、眠さに負けて、3時30分に帰宅した。

今回は足場のいい広い釣り場だったが、周囲には立ち入り禁止区域もあるので、気を付けて釣りを楽しんでいただきたい。

また、ライフジャケットはしっかり身に付けて釣行すること!

<週刊つりニュース西部版 APC・池本修久/TSURINEWS編>

▼アクセス

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。