シロギスの投釣り多点掛けで目指せ束釣り【兵庫県淡路島久留麻海岸】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の終わりから晩秋にかけてハイシーズンを迎えるのが砂浜からの秋ギス釣り。
コンディションのいい時にはキスの群れが寄る波打ち際で束釣り(3ケタ釣り)する人も珍しくない。

この記事は『週刊つりニュース関西版』2017年9月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

  

シロギス釣りの聖地へ

そこで、8月20日はそんなキス数釣りの聖地である淡路島の東浦にある久留麻海岸へクラブ員たちと釣行した。

前日に入った釣友から「午前中だけで250匹も釣れましたよ」と連絡があったので、それなら楽勝と午前5時に現地到着。

急いで聞いていた好ポイントに行ってみると、何と先客の姿が……。
ここはポイントが狭いので仕方なく、先日爆釣した海上自衛隊裏へ入る。

石積みの突堤の間に並んで釣り座を取りタックルをセット。

投げザオは『トーナメント マスタライズキスSMT/DAIWA』の33号、リールは『トーナメントサーフ45/DAIWA』。

キスバリ6号の12本多点バリ仕掛けにイシゴカイをハリいっぱいに刺して軽くキャスト。スローで引く。

この日は大潮で満潮が午前4時ごろと、早くも潮が引き始めている。

早朝はガッチョ(メゴチ)チャリコ(マダイ幼魚)など外道の活性も低くて、すぐにブルン、ブルルンと活発なアタリが続き、わくわくしながらリーリングすると1投目は14~17cmの9連

これなら今日も爆釣モードになると喜んだが……。

移動ロスと外道で惜しくも3ケタ届かず

スルスルと釣れ上がってくるシロギスの多点掛けに興奮。

明るくなって気温が上がってくると、猛烈な外道のオンパレード。
当日はチャリコの猛襲で四苦八苦させられる。

かなりハイスピードで引くが、それでもエサを追って乗ってくる。

得意の多点仕掛けでも、キス2匹で後は全て外道という満艦飾も珍しくない状況である。

そんな過酷な中でも前回同様にキスのヒットパターンを熟知しているN本氏は別格。

毎回、キスを鈴なりでヒット。

今日は束釣りも簡単ですよ」と、どんどん差は開くばかり。

クラブ員の森正氏も誘っているので「キスは足で釣れ!」と移動しながら探っていると、北側にやっとキスの大きな群れを見つけてアタリ連発。

「これは面白いよ」と、喜んで頂いたのでほっと胸をなでおろす。

ただ、多人数でポイントを攻めるとキスが散るのも早く、また移動。

8時を過ぎると、潮も引きアタリも散発。

シモリ周りを攻める池田副会長は最後までアタリが止まることもなく9時過ぎに束釣り達成。

N本氏も所用で早く納竿したが、こちらもめでたく達成。

私は移動ロスと外道に翻弄され、10時過ぎに納竿して釣果を数えて見ると83匹と残念な結果となってしまった。

同行の釣友たちは群れを引き当て一荷を満喫。

今後の見通しとしては、例年この一帯は秋ギスの群れが居付くので、ぜひ束釣りにチャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース関西版 APC・松尾幸浩/TSURINEWS編>

▼アクセス
神戸淡路鳴門自動車道の東浦ICで下り、R28号を右折して約5分で現地へ。

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。