今年はスゴイぞ夏の貫禄ターゲット!カツオ&キハダマグロ【ちがさき丸】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今でしょ今!カツオ&キハダマグロ!
8月1日のコマセ解禁初日から好釣果が続いている相模湾。
今季は例年に増して魚影が濃い」って、好調なときの常套文句だが、これではおさまらないくらいの釣れっぷりだ。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2017年9月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

  

カツオ&キハダマグロの大漁に湧く相模湾!

もはや相模湾の風物詩、連日のように大船団が魚群を追う。

今年は本当にスゴイ。この釣り物を看板にしている船宿はどこも、かつて見たことのない釣果を上げている。

なにしろ、20~30kg台のキハダが船中3尾とか5尾といった釣果の暴れ具合。

活エサ船では2隻で24尾の日もあったとの情報。

これが、一日だけでなく数日続いたり、港内で数軒の船宿が同じような釣果!各船宿の釣果情報サイトを見ていると、もはや海外なのか、と錯覚してしまうほどだ。

黒潮の流路の影響もあるだろうし、8月に台風の影響が少なかったことも、いい結果を生んでいる様子。

台風18号がどうなるか分からないが、9月上旬までに、爆釣の思いをした人は多いはず。

キハダでなくても、カツオもオデコなしでトップ10尾の日がざら。
9月に入って4~7kg級も多く上がっている。

キハダほどの重量はないとはいえ、カツオも60km/hもの速度で泳げるスプリンター。
あまり手を抜くと、カツオでオデコにもなりかねない。

8月下旬、茅ヶ崎ちがさき丸に乗船したのはオーナーばりの藤岡裕樹さん。

同宿はカツオ・キハダの1号船とキハダ専門の3号船の2便体制だが、前者でチャレンジした。

堅牢なハリで価値あるカツオ5キロを

藤岡さんが掛けた2.5キロ。

午前6時出船で定刻の7時、浮標周りでスタート。

活性のいい群れが着いており、船中1~2kg級が入れ食い
あとは取り込み方次第。

藤岡さんのハリスは16号2.5mでハリは14号。

タナ下限の20mからコマセを振って15mで待つと、すぐに本命がヒット。

タモ取りしたのは2kgの本命
このあとも同サイズが続く。

堅牢なハリで価値あるカツオ5キロを

カツオの5キロ超えともなると貫禄の魚体だ。

1時間して10人の乗船者ほとんどが土産をゲット。
浮標から離れ、ソナーで群れを追っていく展開に。
こちらの指示ダナは30~20m。

キハダの反応も入ってくるので安易に細いハリスを使うのは危険。
ここではハリス20号6m、ハリは15号。

隣でカツオがアタっても食わないので、18号に落とし、ハリも軽めのものに変更。

すると一発でヒットし3kg級とサイズアップ

同行の秋山安行さんもヒットし、こちらは丸々太った5.2kgの良型

その日のうちに、土佐仕込みの塩タタキにして食べたそうだが、もちろん脂乗り乗り。
これが食べられるのは釣り人の特権だろう。

船内では1度、キハダのアタリがあり20分ほど攻防があったがあえなくバラシで午後1時30分に納竿。

初秋シーズンはカツオ・キハダ両方に対応できる仕掛けで

【土佐仕込みの塩タタキ】:炙ってから塩でもんでニンニク正油でいただく。
氷水に付けないため、美味な脂を存分に味わえる。

28日には同船で22.3kgのキハダ、キハダ専門の3号船では同日30.1kg25.8kgが取り込まれている。

いつどのタイミングでキハダが掛かってくるか分からない状況。

9月以降はカツオ・キハダ、どちらにも対応できるハリ選びが釣果の別れ道。万全の体制で挑んでください」と藤岡さん。

今後も、時期を追うごとにサイズアップしてくるので、ハリスの太さ、ハリの形状などしっかりとしたものを選んで楽しもう。

子どもたちの夏休みは終わったけれど、大人の夏休みはこれから!ぜひ今季のビッグワンを勝ち取ろう。

<週刊つりニュース関東版 本紙・青砥一生/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
ちがさき丸
TEL:0467-86-1157(受付時間13~19時)
釣り船予約サイト『釣楽』からの予約でお得なポイントをゲット!

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。