東京湾の好ポイントを釣り船で直撃!いろいろ釣れちゃう夜メバル釣り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

珠洲ノらめるです。
8月19日(土)、忙しい日々の癒しに釣友の茉嶋みらいちゃんや西村さんらのグループと沖釣りに行きました。
ここのところ雨が降っていたので心配でしたが決行。ずっと楽しみにしていたのでうれしいです。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2017年9月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

  

雨じゃなくても濡れることがありますので、カッパのご用意を……

カッパを持っていなくて急造ゴミ袋レインウェアをキメるらめるさん。
編集もやったことがあります。当然、濡れます。

釣行したのは東京湾横浜山下橋渡辺釣船店夜メバル
カサゴ交じりで楽しめます。

夜釣りは初めてで「ヘッドライトはあったほうがいいのかな?」など相談しながら準備。

実際に行ってみると船のライトが明るくて安心。

みらい:「当日は朝から雨の予報だったのですが、私の晴れ女パワーが発揮されたのか、夕方まではいいお天気。だけど午後5時ごろに船に乗り込むと、遠くの方に黒い雲が見えて念のためレインウエアを着て出航準備をしました。らめるちゃんはカッパをもっていなかったのでゴミ袋をかぶっていました

夜メバル釣りはいろんな魚が狙えます

海からだと雷がよく見えてきれいだったりします。
見てるだけならきれいなのですが、当然あぶないので釣りは中止。

5時半ごろ予定通りに出船して、20分ほどでポイントに到着。
開始の合図で皆、一斉に竿をだします。

そこにはアジの群れがいたようで、みらいちゃんは3尾ゲット!
私は準備に手間取っていてアジタイムはのがしてしまいましたとさ。
とほほ……。

みらい:「何カ所かポイントを移動しているうちに、6時45分ごろ、西村さんに初のメバル。その後は調子よくカサゴ交じりで釣れ始めます。30分ほどでアジを含めて10尾以上になりました。根魚は小さくても引きがよく、いいサイズだとかなり手応えがあって楽しかったです」

スタートが遅れた私も後に続く事ができ、カサゴのダブルヒットも。
めっちゃうれしい!

力強い反応の後にグイグイとした引き。
これがカサゴのアタリなのか、と幸せを噛み締めました。

その後、22.5cmのキジハタもゲット。

メバルはグループの中で自分だけ釣れなかったけど美味しい魚が釣れてニンマリ。

みらい:「魚の反応はよかったですが、雷が鳴り始めました。船長さんの判断で、残念ながら早上がりしました」

釣った魚で豪華なお食事を

煮付けは疲れた身体に染み渡る美味しさ。

雨は大変だったけれど、みらいちゃんが陽気だったのですごく救われました。
やっぱり友人と釣りに行くのは楽しいし心強いです。

みらい:「1時間半くらいの短い釣行でしたが、私はアジ3尾メバル2尾カサゴ8尾で合計13尾。らめるちゃんはカサゴ6尾だったけど高級魚のキジハタを釣り上げて量より質でした」

みらい:「その後は、らめるちゃんが私の家に来て、一緒に魚をさばきました。カサゴの空揚げ、メバルの煮付け、カサゴのアラ汁、キジハタとカサゴの刺し身などを作って、豪華な食事になりました。とっても美味しかったです」

やっぱり魚は刺し身が絶品!

やっぱり魚は刺し身が絶品!お酒が進んでしまいます。

カサゴとメバルのあまりの美味しさに、「また天候のいい日に行こう」と心に決めました。

<千葉・珠洲ノらめる/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
渡辺釣船店
TEL:045-622-8381

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。