家族で大盛り上がりサビキで好釣!【福岡県北九州市日明・海峡釣り公園】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回訪れたのは北九州市小倉北区西港町にある日明・海峡釣り公園
北九州市初の海釣り公園で、無料で釣りを楽しめる。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年8月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

  

無料で利用できる便利な釣り施設

関門海峡に延びる日明・海峡釣り公園の防波堤。
利用時間が決まっているのでご注意。また、投釣りは禁止。

遊歩道~岸壁先端に防潮堤があり、これらすべてが釣り場。

防潮堤はスロープがあり、車いすの方でも利用しやすいように配慮されている。
公園内には売店やトイレ、休憩所があるので、残暑のこの時期でも安心して家族を連れて行ける。

駐車場から防波堤へ続く遊歩道でも釣りが可能。

防潮堤は足元が空洞になっており、ここを潮が流れる。
この空洞部分は流れが急なので、仕掛けをあまり近付けると、中に吸い込まれたり、仕掛け絡みの原因になるので注意を。

サビキで小アジ釣り好調

ファミリーフィッシングで小アジ100尾!

8月11日は川添さんファミリー、兵頭さんファミリーに合流。
狙いは小アジで、サビキの下カゴ仕掛けで足元近くを釣る。

午前6時すぎから釣り始めた兵頭幸夫さん、諭くんはすぐに7~9cmの小アジを釣り上げて順調な滑りだし。

仕掛けを投入するごとにハリ掛かりしてくる活性の高さはうれしい限りだ。

小アジは順調で防潮堤では各場で掛かっており4尾、5尾サビキに鈴なりでぶら下げるファミリーもいる。

小アジの大きさに合わせてサビキは2号を使用すると、さらに食い込みが良くなった。

泳がせ釣りでは高級魚も

泳がせ釣りでは大きなオコゼやエソも飛び出た。

川添茉玲さん(高1)は順調な小アジ釣りから大物狙いで、釣ったアジをエサにした泳がせ釣りに挑戦。

置きザオのサオ先が風で揺れるたびに魚信なのか、ソワソワしている。
そして根掛かりを思わせる手応えを楽しみ、釣り上げたのはオコゼ。

オコゼはヒレに毒があるため、ハリを外す時はフィッシュグリップやプライヤーを使用して安全に気をつける。

さらに諭くん、茉玲さんともエソも上げた。

海面ではサヨリが湧いており、ウキを使ってサビキ仕掛けを海面近くでキープしていた渕上知幸さん(父)、ファミリー、朔真くん(10歳)、碧志くん(9歳)、陽空くん(7歳)は、20cmを超えた良型のサヨリを取り込んでいた。

ちなみに川添さんファミリーは11時ごろに納竿。
100尾くらい小アジをキープしていた。

防潮堤部分の利用時間は4月~10月が午前6時~午後9時。
11月~3月が午前7時~午後5時。

遊歩道部分は年中開放。

▼アクセス
日明・海峡釣り公園
TEL:093-581-1881

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。