木更津の運河はちょい投げハゼ釣り天国!【千葉県木更津市潮見運河】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月13日(日)、千葉県木更津市潮見運河でハゼと遊んできました。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2017年9月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り 投釣り

  

短竿ちょい投げで

ヘチ際や沈み根など障害物まわりが狙い目。

木更津警察署横に午前7時すぎに到着。

仕掛けは木更津SPで、ハリは小型を意識して早掛けの5号、ハリス0.8号5cm。エサは青イソメ。
竿は私がワカサギ竿1.2m。

今回は母も「釣りをする」と言い、イカダ竿を使用。
父はエサ付けと釣れたハゼを外す係。

私は岸壁のヘチ狙い。
潮はちょうど上げいっぱいだけど、底は見えます。

仕掛けを入れるとシュシュっとハゼが寄ってきてエサを突き始めるのが丸見え。
軽く聞き上げるとブルブルっと慌て者がヒット。

父は、母にいつも大物がいるポイントを教えています。

軽く投げてからサビいていると、小型がいたずらをしてきます。
それを無視して探るとコンと反応。

「静かに聞き上げるように」と父がアドバイス。

その通りにロッド操作すると、ギュンとイカダ竿の軟らかい竿先が引き込まれて結構な抵抗。

上がったのは15cmの大型で母は大喜び。
私も大型狙いにすると、母よりちょっと小さい14cmがヒット

エサひとつしばりで勝負!

小さいサビハゼからケタハゼクラスまでがヒット!

次は最初のエサで何尾釣れるかの勝負。
ていねいにエサを付けて開始。

釣れたら、エサがとれないようにハリを外します。
この勝負これは9対9で引き分けでした。

沖めのポイントはサビハゼがたまに交じるけど、大物に狙いを絞ればお土産は取れる感じ。

数を伸ばすなら手前のポイントでサイトフィッシイング。
入れ食い状態のポイントもあります。

1時間半遊んで終了しました。
釣果は3~15cmをトータルで60尾以上。

小型とサビハゼはリリースで、持ち帰った50尾は空揚げにして夕食のおかずになりました。

今日の感想

別の日に攻めた同ポイント、1時間で20尾ほどをゲット!

大物の潜んでいそうなポイントを探ると、ホントに大型が釣れてびっくり。
岸壁のヘチ狙いは入れ食いになるポイントを探してください。

少しずれるだけで、まったくアタリがなくなることがありますから、ハゼの溜まっている所を見つけた者勝ちですよ。

<週刊つりニュース関東版 APC・野口美和/TSURINEWS編>

▼アクセス

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。