ショアからのルアータチウオ好ファイト満喫【福岡県北九州新門司港】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月21日、仕事を終えた後、知人とともに私の夏の夜釣りの定番である北九州市・新門司でのタチウオを狙ってきた!

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年8月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

  

表層に指幅3本級

指幅3本級を含め2人で30尾の好釣果だった。

場所的には名門大洋フェリーの横。
常夜灯があり、かなりのベイトが居た。

昨年の釣果はパッとせず、今年こそはと意気込んで行ったが、到着したのは最干潮ごろ。

「今日はダメかな」と思いながら海面を見ていると、ギラギラとタチウオが泳いでいるのが見えた!

すかさずルアーを投げる。

明暗部の境目に投げて軽くシャクりながらカーブフォール……何かアタっている?

軽く聞きアワせ、ヒットしていた?
何かおかしい?
魚がこちらに向かって走っている!

そのまま引き抜いて、指幅3本級のタチウオだ!

かなり表層を意識して補食している模様。

ワームのカラーをローテーションしながら扇状に投げて探りを入れ、2人で30尾ほど釣り、午前3時すぎに帰途に就いた。

足場が良く、手すりなどもある場所なので、涼しい夜釣りに皆さんも行かれてみては。

ただし、ライフジャケットなどの救命胴衣の着用は忘れずに!

<週刊つりニュース西部版 APC・池本修久/TSURINEWS編>

▼アクセス
北九州自動車道の新門司ICから車で7分ほど。

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。