何これでっかい……!愛知県弥富出船、船から狙うゴン太ウナギの五目釣り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月15日、愛知県弥富市境港玉や丸ウナギ五目で出かけた。午後4時半に境港へ到着。
当日は乗合で、私以外にウナギ釣り大ベテランで常連の山根さん、船でのウナギ釣りは2回目だという竹田健二さんなど6人での出船となった。

なお、船のウナギ仕掛けなどは「玉や釣具店」にそろっているので、釣行前に同店を訪れれば詳しく案内してくれる。

この記事は『週刊つりニュース中部版』2017年7月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ウナギ釣り

  

クロダイやセイゴもヒット

船中最初の本命ゲットは山根さん。まるでウツボのような極太ウナギ。

少し走り木曽川河口沖に到着。
開始して、しばらくは25cm前後のセイゴや30~40cm台のクロダイがポツポツ上がる。

船長の説明では、クロダイとウナギではアタリが微妙に違うとのこと。

ともに最初はトントンとサオ先をたたくが、クロダイの方が勝負は早く、ある程度たたくとグーッとサオ先が入るが、ウナギはたたいては止めを繰り返す。

もちろん、早アワセは厳禁

食い込むときは向こうアワセで掛かるので、焦らずじっくり待ってからアワせる。

そして辺りが暗くなったころ、「本命だよ~」とミヨシから山根さんの声。

上がったのは60cm強のよく太ったウナギ

山根さんの話では「まだまだ小さい」らしいが、十分良型だ。

その後、川口さんや飯田さんが35~40cmほどのクロダイを連釣。

さらに、左舷の武田有年さんが、小さいながらも本命のウナギを上げた。
どうやら時合いを迎えたようで、食いが立ってきたようだ。

怪しいアタリはじっくり待って向こうアワセで

武田さんもウナギをゲット。

午後8時を回った時、山根さんに強烈な引き。
上げたのは51cmの見事なクロダイ

山根さんの快進撃は続き、60cm級のウナギや44cmのクロダイを立て続けに上げた。

一方、私と武田健二さんにはまだアタリがない。

2人で意気消沈していたが、ついに武田健二さんのサオに怪しい動き

半信半疑で回収すると、ハリスの先には40cmほどのウナギが……。

2人で盛り上がった。

さらに、この後の投入で再び武田健二さんのサオにアタリ
今度は明確で、ウナギっぽくトントンたたいている

「もういいでしょう」

船長のGOサインで上げると、サオにははっきりとした重量感が現れる。

無事に取り込まれたのは、60cmと立派なサイズのウナギだ。

その後、山根さんと川口さんが同サイズの本命を上げて沖上がりとなった。

同船でのウナギ五目は秋まで楽しめるが、最盛期は8月いっぱい。

釣れるウナギは大きく、陸っぱり釣りのように場所取り競争もないので、じっくり楽しみたいという人にはお勧めだ。

<名古屋市・中畑雅明/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
玉や丸
電話:0567-68-1330

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。