愛媛の磯で乗っ込みイシダイ大盤振る舞い!皆で20匹超え【愛媛県武者泊】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乗っ込みイシダイが釣れ盛っている愛媛・武者泊へ出かけた

6月12、13日の二日釣り。
2日目は午前中だけの釣りになる。

同行は西畑勝二さん、悦田友和さん、藤田義之さん。
このところ底物の食いが上向いている武者泊
多くの底物師を乗せた渡船が沖の磯(おきのそう)の前に集まった。

この記事は『週刊つりニュース関西版』2017年7月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

  

愛媛・武者泊の沖磯へヒナダンへ渡る

ジャンケンが始まって、私たち4人はヤッカン、ヒナダンへ渡った
けっこう波があったので、私はワンドの後ろの高場からサオを出す
西畑さんら3人は船着きに並んだ

タックルはサオが『石鯛キングⅡ匠 500 中調/TsuriMusha』、リールは『幻覇王 石鯛 40/DAIWA』、シーソーテンビンを使ったハワセ仕掛けを使った。

エサはサルボウガイウニを用意した。
まず食い込みのいいサルボウガイから使ってみた。

西畑さんと悦田さんは正面の深場。
私と藤田さんはワンドのポイントを狙った。

6~23mのタナを、投入地点もかえながら広範囲に探る
だがいつものようにひんぱんなアタリが出ない。

朝釣りは拾い釣りで良型をポツポツと

ヒナダンの朝釣りでイシダイ3匹ヒナダンの朝釣りでイシダイ3匹。

ワンドの真ん中で1匹、ナダレ寄りの高場の際で2匹と、拾い釣りをしていく。

イシダイの型は40~50cmだ。

ヒナダンの一番ワレに寄ったところから、ワレの下に仕掛けを流し込みながら釣っていた悦田さんが、53cm50cm良型イシダイを釣り上げていた。

そして西畑さんも45cm50cmイシダイ2匹をゲットした。

磯替えでヤッカンへ

悦田さんが50cmオーバーの良型イシダイ悦田さんが50cmオーバーの良型イシダイ。

いったん納竿して昼からの夕釣りは、西畑さんたち3人がヤッカンの北の船着き、私は同・ナダレに渡った。

足場板の上からのサオ出しだ。

引き潮が目の前をかすめて、割合に流れは緩い

根掛かりに苦戦させられたが、9~20mのところで、イシダイがアタってくる。

バタバタと食うのではなくて、本当にポツリポツリの食い方だ。

夕方の納竿までに、3匹のイシダイを手にできた。

2日目はアブセへ

前週には、イシダイ仕掛けにオナガグレの65cmが掛かった。

2日目はジャンケンに勝った。

4人でアブセの船着きへ渡ることになった。

同じアブセのワレには、他のイシダイ師が上がる。
乗っ込みイシダイの数が釣れることでは定評のある磯だ。

イシダイのアタリは多く、6mの浅場から14mまでを丹念に釣る。
さすがに好ポイントだ。

納竿の昼までに5匹のイシダイをゲットすることができた。
西畑さんが4匹、悦田さんが2匹と快調だった。

午前中に2ケタのイシダイが顔を見せてくれたから、最高のポイントといってもいいだろう。

一日半で私たちの釣果は20匹を超えた

幻の魚といわれているイシダイが、これだけ釣れるのだから、武者泊の乗っ込みイシダイ釣りは絶好調だったといえる。

アブセの船着き大物の気配は十分。じっくりとアタリを待つ。

前週の6月5、6日にも同場所に釣行し以下の釣果も

乗っ込みに当たり、よく釣れた遠征となった。

<週刊つりニュース関西版 APC・木村俊一/TSURINEWS編>

▼問い合わせ
ほてい渡船
TEL:0895-83-0706

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。