梅雨の釣りといったらやっぱりイサキでしょう!旬の梅雨イサキを釣ろう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨時に美味しい魚にもいろいろありますが、旬の代表格といえばやはりイサキ。
梅雨イサキ」とも呼ばれる産卵前のイサキはよく肥え、さっぱりとした白身にふくよかな甘みが乗って抜群の美味しさになります。

産卵期を迎えた初夏のイサキは食欲旺盛。
引きも良く数もたくさん釣れるので、釣り初心者の方もきっと楽しめるはずです♪

白井 亜実 白井 亜実

船釣り エサ釣り

  

タナ取りが肝!シャクって誘う、「コマセ釣り」

この時期、港はイサキ釣りの遊漁船で賑わいます。

イサキの釣り方は、アジ釣りと同様、タナ取りが肝となります。

ポイントに到着したら、船長から指示される指示ダナ(仕掛けを沈める深さ)にしっかり合わせることを一番に意識しましょう。

タックルや仕掛けは、コマセ(寄せエサ)を撒いたり誘いを入れたりするのに扱いやすい、なるべく軽めのサオ(ライトゲーム用の竿など)に、小型両軸リール、60号程のビシカゴ(寄せエサを詰めるカゴ)、その先にウイリー用3本バリなどの仕掛けを付けます。

なお、仕掛けについてはエリアや釣り船によっておすすめがあるかと思いますので、予約時に確認しておきましょう。

しっかり理解したい「指示ダナ」

コマセはビシカゴに詰めすぎないのがコツです。

釣り方は覚えてしまえば簡単です。

ビシにコマセを詰め、指示ダナまでビシを落としたら、仕掛けの長さ分巻き上げて、竿をシャクってコマセを撒くのが基本。

コマセはすぐなくなるので沢山詰めたいところなのですが、ギュウギュウに詰めすぎると出が悪くなってしまうので、8分目くらいがベストです。

ここで注意してほしいのは、指示ダナの指定方法は船によって変わることです。

例えば指示ダナが40mで、仕掛けの長さが3mだった場合、海面から43mまでビシを落としてからサオをシャクってコマセを撒き、3m巻き上げてハリをコマセの幕の中に入れるというのが一般的。

ただし「43の40」などと言われた場合は、40mまでビシを落としてから3m巻き上げるという意味になります。

また海面からではなく海底からの距離を指定される場合もあります

とにかくタナがずれるとコマセが広範囲に散らばってしまい、自分だけでなく周りの人も釣れなくなるため、わからなければ船長に聞いてみましょう。

イサキはたくさん釣れる魚。しっかり「追い食い」を狙おう

イサキは高級魚ですが、数が釣れる魚。しっかり追い食いを狙っていきましょう。

イサキのアタリがあると、サオがキュンキュンと小刻みにしなります。

サオを平行に少し上げてみてイサキの重みを感じたら、ゆっくりとサオを下げながらリールを1回転させ、また平行にゆっくりと竿を上げて、他のハリへの追い食いを待ちます。
これを「誘い上げ」といいます。

誘い上げは人や状況によってやり方が異なりますが、ビシに残ったコマセをさらに撒くことで追い食いになる確率が高まるようです。

さらに重みが乗ったところで魚を釣り上げましょう。

リールをゆっくりと巻き上げ、ビシをコマセバケツに取り込んだらサオを置き、仕掛けのハリを手で手繰り寄せて回収していきます。

イサキは船上へ取り込むまで元気に泳ぎ回りますので、ダブル、トリプルと複数ヒットしている場合は、途中でハリが外れてしまったり、隣の方まで泳がれて糸絡みしないよう、手際よく一気に取り込むようにしてください。

上記の動作を2~3回程繰り返してもアタリがない場合は、タナをきちんと合わせられているか、ビシのコマセが無くなっていないか確認しましょう。

別名「うりぼう」成長するにつれ、模様が消えていきます

少し小型な方が美味?

イサキの幼魚にははっきりとした縦縞模様が入っていて、その模様がイノシシの子供に似ていることから、「瓜坊うりぼう)」と呼ばれることも。

4年ほどの年月をかけて、大きく成長するにつれ、その縞模様が消えていくそうです。

また、イサキの群はピラミッド状になっており、大型のもの程高い層にいます。
釣れるイサキが可愛い「うりぼう」ばかりであれば、少しタナを上げてみるなど、狙いのタナの見極める為にも覚えておくと良いと思います♪

ただ、常連さん情報によると「縞模様が消えかけそうなくらいの、中くらいのイサキが一番美味しいよ!!
とのこと。是非食べ比べてみてください♪

釣りたてのイサキは、刺し身がおススメです♪

お刺身は脂がのってふんわりとした甘みが広がります。

釣りたてのイサキは、是非、まず刺身でお召し上がりください。

通常、釣った魚を刺身にする場合、数日程寝かせた方が身が柔らかく甘みも増すので、私は通常あまりすぐ刺し身にはしないのですが、イサキは釣ったばかりでも身が甘くて柔らかく、とっても美味しいんです♪

特にこの時期のイサキは、鯛に匹敵する美味しさといわれるくらいなんですよ。

皮を残して少し炙っていただく「炙り刺し」も絶品です♪

塩焼き煮つけとも相性良く、ふっくらフワッと、また食感が変わって美味しいです。

なお、イサキは背ビレや中骨が鋭く硬いので、三枚におろす際は注意してください。

特に中骨は小さくても硬いので、包丁でそぎ落とすか、骨抜きでしっかり取り除いてくださいね。

お寿司!これは絶品!

身がピンク色で見た目も美しいので、カルパッチョにしたり、暑いこの時期には、お水にお味噌を溶いて冷や汁にするのもおススメです。

イサキは高タンパクで低カロリー。良質な不飽和脂肪酸もたっぷり含まれていますので、ダイエットや成人病予防にもなります。

美味しくてヘルシーなのに栄養も豊富。初夏を代表する最盛期の絶品イサキを、是非堪能してくださいね♪

この記事を書いたライター

白井 亜実

白井 亜実

東京湾を中心に、電車で行ける船宿を巡って「船釣り」を楽しんでいます。老若男女問わず共に楽しめるのが釣りの魅力。初心者の方からベテランの方まで、釣りを通した四季の楽しみ方を発信していけたらと思います。