意外なポイントで好感触!渚からクロダイ狙いフカセ釣り【志摩半島片田】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月16日、クロダイ狙い三重県志摩市志摩町、片田へフカセ釣りで釣行した。

当日はポイントを決めず、浜や小突堤などを何カ所か偵察して、最終的に片田漁港近くのテトラ帯でサオを出すことにした。
初めての場所だ。
クロダイは本当に意外な場所でも釣れる。
メジャーポイントもいいが、こうして自分だけのポイントを見つけるのもクロダイ釣りの楽しみだろう。

この記事は『週刊つりニュース中部版』2017年7月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

  

テトラ帯はフグ地獄

最初に入ったテトラ帯。

開始は正午すぎ。
まずはマキエを打って昼食タイム。

その後、タナを測ると手前は1ヒロ以下だが、濁りがあって底は見えない
3本先は2ヒロほどある。

2ヒロ固定で15mほど先を集中的に狙うことにした。

いい雰囲気に思えたが、実釣を開始すると潮が動かずフグ地獄

開始から4投連続でハリが食べられた。

クロダイが寄ればフグも大人しくなるだろうと思ったが、2時間以上状況が変わらずギブアップ
移動を決断した。

夏から秋にかけては期待が持てそうなポイントだったので、改めて挑戦してみたい。

片田漁港周辺で新ポイントを開拓!

渚からフカセ釣りでこの釣果!

次に向かったのは近くの渚。
ここも初めてのポイントだ。

横風が強いなか、30m以上先に狙いを定め、大型の2Bウキを使用した。

初めはサシエのボイルが残ってきたが、しばらくするとフグが登場する。
しかし釣りにならないほどではない。

根気よく打ち返しを続けること1時間、そろそろマキエが効いてくるころだ。

横風で膨らんだラインを修正しようと持ち上げた時、ゴンゴンと反応があった。

ゆっくりアワせるとヒット

それほど重量感はないが、波打ち際で元気よく走り回る。
波を利用して砂浜に引きずり上げたのは38cmの本命クロダイだった。

取りあえずボウズはなくなりホッとした。

しかし後が続かない。
大きな群れではないようだ。

しばらくはたまにフグが釣れてくる状況が続いた。

最長寸はラインが張るアタリでヒット

最長寸の42センチはイト引っ張るアタリ。

1時間くらいたったころだろうか、たるんだラインがスーッと張る分かりやすいアタリ。

アワせると先ほどよりも重量感があり、引きも強い。

ゆっくり取り込んだのは本日最長の42cmだった。

続けて32cmがヒット。
一時はボウズも覚悟しただけに十分満足した。

明るいうちに片付けたいので荷物を整理する。

サオをしまう前に数投すると、いきなりラインを引っ張るアタリで37cmを追加

時刻は午後6時半、これで納竿とした。

産卵後の良型のメスが活発になるのはもう少し先になるが、7月に入れば十分期待できるだろう。

今後が楽しみだ。

<週刊つりニュース中部版 APC・がまちぬぐだぐだフィッシングクラブ・鈴木規之/TSURINEWS編>

▼アクセス
玉城からサニーロード、R260を利用して片田へ。

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。