至福の甘みとろける高級マイカを鮮度よく簡単に持ち帰る方法

最も美味しいイカという評判も名高い大人気のマイカケンサキイカ)。
特に新鮮なマイカは、食べようと思ってもなかなか食べられない大変高価なもの。これはもう、ぜひとも鮮度を保って美味しくいただきたいですよね。
イカの鮮度を保つ方法にはいろんな方法があるようですが、方法のひとつとして、比較的手軽な持ち帰り方をご紹介いたします。

K. OKADA K. OKADA

船釣り イカ釣り

  

マイカが釣れたらすぐ対応

釣れたマイカが水面から顔を出したら、まずスミを吐かせ(海水が多い)、ザルバケツに入れてスッテを返してハリを外します。

イカが釣れるときは連発するので、すぐ釣りを再開するためにザルやバケツで窒息死させてシメます。

数杯釣れたら海水で洗いまとめてジップロックで密封してクーラーボックスに入れましょう。

イカ同士を重ねると墨袋が破れて台なしになるので注意。

座席のオケに海水循環パイプで水を流している船もありますが、釣れたイカは海水に入れるとスミを吐きます。オケの中で死ぬことも多いので私は釣れたら放置してシメます。

スミを吐かれると船が汚れてしまうこともあり、水を入れずにバケツやザルに入れておくのが無難です。

直接シメる?放置して窒息死でシメる?

シマると徐々に白くなっていく。

イカは数が釣れることが多く、なかなかシメに時間を使うことができないために放置してシメることが多いのですが、ナイフ専用の器具素早く神経を断ってシメる方法もあります

ただし、直接シメずに放置してシメてもあまり味は変わらないとの意見が多いようです。

数が釣れるのでそれどころではないのかもしれませんが、実際にマイカを直接シメている人は見たことありません。

私は直接シメたことはありませんが、いつ食べても身は柔らかく甘くて美味です。

釣った際は透明感があって赤い模様が見え、シマると白くなり、その後保存状態が良いとまた赤くなります。

いずれにしてもクーラーに十分な量の氷を入れてしっかり冷やすことが大事です。

クーラーに入れる際に気をつけたいこと

詰めすぎないようにしましょう。

イカの身は温度が高いと急速に劣化するため、まず冷やして保管することを第一に考えます。

このとき注意したいのは、クーラー内では絶対にイカを氷や氷が融けた真水などに触れさせないこと。イカの身は真水に触れると浸透で水を吸い、劣化してしまいます。

大きさにより5〜10杯ごとにジップロックに入れ、調理用のアルミトレイに入れます。入らない大物はトレイの上に仕切り板などを敷いてその上におきます。

こだわりがある方はアルミ製木製トロ箱に並べてクーラーに入れるのも有効。

イカが重なると墨袋が破けたり、きれいに赤くならないので、できるだけ重ねないように入れます。

なお、冷えすぎても墨袋が破れることがあるらしく、氷とイカの間にタオルや新聞紙などを敷くのもいいようです。

まとめ

・釣れたら水面で一度スミを吐かせ釣り上げたらザルなどに放置する。
・窒息死(シメる)させたらスミを洗い流して5〜10杯ずつジップロック、タッパーに入れクーラーに入れる。
・クーラーには十分な量の氷を入れ、とにかく冷やす
イカを氷と真水に直接触れさせない
・できるだけ重ならないようにする。

という感じです。
家に着いたら1杯ずつ分けて冷凍します。

マイカのタタキ。軽く湯通してポン酢、大根おろし、マヨネーズで。

イカやタコは冷凍すると身の繊維が柔らかくなるため、調理時に半解凍で処理すると墨袋を破って汚してしまうことも少なく、美味しくいただけますよ!

この記事を書いたライター

K. OKADA

K. OKADA

三重を中心に京都、福井、和歌山、大阪、兵庫でかかり釣り、タイラバ、ライトジギング、イカメタルなど、美味しくいただくことを目的に年中釣りを楽しんでおります。