堤防から狙ってみよう。マダコのルアー釣りスタートガイド

マダコ釣り、といえば木枠に糸を巻きつけて手で釣ったり、タコつぼを利用して獲ったりするイメージが強いですよね。でも実はマダコってルアーでも釣れちゃうってご存知ですか?

しかもその方法はお手軽で簡単。釣って楽しい、食べて美味しいマダコをルアーで釣り上げてみましょう。

とや とや

ソルトルアー エギング&イカメタル

  

マダコ釣りのタックルって何を揃えればいい?

岩や岸壁に張り付かれると意外なパワーゲームになることもあり、巻く力の強い両軸リールがおすすめ。

何はともあれタックルがないと始まりません。
最近ではマダコ釣り専用ロッドも販売されるようになってきましたが、他の釣りをしている方ならばサオは流用できます。

ジギングロッドや、硬めのシーバスロッド、先調子の船竿などがマダコ釣りに使えます。

マダコを釣るのにはけっこうハードなタックルが必要なことはなんとなく感じていただけるのではないかと思います。底を狙う釣りなので、根掛かりがどうしても増えるんです。
さらに、マダコが実際に釣れたとき、根掛かりかどうかの区別がつきません。

突然サオにズシッ!と重みが乗って、強くあおると「ゴミがひっかかってきたような」感触で上がってきます。水面まで上げてみると「あー、タコ釣れてる~!」とここで初めて正体がわかるんですよね。

弱い竿や柔らかい竿だとマダコが海底に張り付いて上がってこなかったり、一度張り付かれるとそれをひっぺがえすこともできなくなってしまいます。

リールはスピニングでもベイト、両軸リールでもかまいませんが、強度的には両軸リールに軍配があがります。そこにPEラインの3号が巻いてあればマダコ釣りのタックルとしては十分です。

マダコ釣りのルアーは何を使うの?

エギにオモリを付けた様子。ナス型オモリをスナップ直結でも大丈夫。

タコテンヤ」と呼ばれる、ハリとオモリがセットになった仕掛けに生きたカニなどをワイヤーで縛って釣る方法もありますが、今回はルアー(疑似餌)で狙う方法をご紹介します。

マダコ釣りで使うルアーは「タコエギ」と呼ばれるタコ専用のルアーがあります。

見た目はエギングで使うエギに近いのですが、沈んだときに海底にハリを引きずらないように、ハリ先が上を向いているのが特徴。
どうしても根掛かりが多くなりますので、少しでもそれを回避する目的ですね。

また大型のイカ用エギでも代用することも可能です。
エギのサイズは3号3.5号を選ぶようにしましょう。

エギの場合、沈む速度が遅いので着底までに時間がかかります。そのため5号~10号くらいのオモリをスナップ付近に取り付けてあげると、沈下速度があがりますのでオモリを別に用意しておきましょう。

タコは底にいる!底から浮かないようにルアーを這わせろ!

大げさなアクションは必要ない。ズル引きか海底で小刻みに動していけばこの通り。
<写真提供:フィードロット

マダコは基本海底に潜んでいる場合が多いので、まずは海底が一級のポイント。
海底を引きずるようにルアーを底に這わせましょう。

キャスティングで狙う場合にはズル引きで、堤防などの岸壁を狙う場合は底を取りながらポイントを歩いて移動して探っていきます。砂地のポイントなら海藻の周辺、堤防なら岸際や捨て石など、マダコが身を隠せるような場所を重点的に攻めてみましょう。

突然サオ先に「ズシッ!」と重みが乗ってきますよ。

タコは岸壁に張り付いていることもある!

高さのある堤防や漁港周辺は岸壁全体がポイントになる。

堤防から狙う場合、水深が深いと岸壁に張り付いていることがあります。岸壁にはよくイガイが付いていますよね。この貝もタコのエサになります。
岸壁の場合は海底を狙う場合と違って、根掛かりがあまりない変わりにタコがつく棚を見極める必要があります。水深を見ながら貝のついている深さを探っていきましょう。

上下に探る場合、ルアー1つでは効率が悪い!
ということで「タコマンション」というルアーもあります。これはタコベイトが連結してついているもので、岸壁近くで上下に揺すれば広く探れるという寸法。
岸壁全体がポイントになるのでタックルボックスに1つ忍ばせておいてもいいかも。

夏はタコのハイシーズン!堤防や船釣りで狙え

マダコ釣りのハイシーズンは6~8月!
堤防周りや釣り船でも狙うことができますよ。

実は結構手軽にできるタコのルアー釣り、エサを準備する手間もないので車にタックルをポンと積み込んでおけば思い立ったらすぐ釣りにいけちゃいます。

何より釣れた獲物がおいしいタコですからね。
自分にとっても家族にとってもおいしいお土産になることは間違いありません。

この記事を書いたライター

とや

とや

父の影響で渓流釣りと出会ったのが釣り人生のスタート。 「とにかくたくさん釣りたい」と思っていましたが、最近では「魚との出会い方」も大切なんだと意識が変わってきました。 渓流、鮎、船釣りとなんでもござれの30代後半釣りライター。 好きなルアーはスピナー。この姿形がたまりません。