都区内のオフシーズンプールで楽しめるルアーフィッシング♪

4月19日(水)、東京都練馬区にあるとしまえんフィッシングエリアに釣りに行ってきました。
先日、釣り好きの友人から「としまえんのプールがシーズンオフの間は釣りができるんだよ」という衝撃の事実を聞き、つい最近釣りを経験したばかりでモチベーション高めの私はさっそく行ってみることに。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2017年4月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

  

管理釣り場でルアーに初挑戦

電車を降りると徒歩1分ほどでとしまえんの正面入口に到着。
遊園地は休園日だったからか、人は少なめ。
駅前のカフェで軽くランチを済ませてから、案内看板に従って釣り場へ。

受付に到着すると、男性スタッフが爽やかな出迎え。
受け付けを済ませてスタッフに案内してもらい、まずはルアー専用エリアへ。

スタッフの方からレクチャーを受けます。

コツがわかってくると……

時刻は午後1時。
このエリアだけで10組ほどの釣り人がいて、平日にこれだけの人数がいることにまず驚き。

案内されたポイントの隣には、カップルの姿。
反対隣には女性おひとりさま。
なんだか親近感。

スタッフから投げ方を教えて頂き、さっそく挑戦。
ルアーは初体験でしたが、ていねいな指導のお陰ですぐにコツはつかめました。

まず使用したルアーは、ダークグリーンのスプーン
投げること15分ほど。
何度かツンッとアタリはありましたが、鈍い私は反応が遅れてすべて空振り。

30分ほどしたところで、スプーンの色をオレンジにチェンジ(諦め早い)。
すると、驚くほど簡単にヒット
やっぱり釣りは、釣れてこそだよね。

強風下の悪条件で

1尾釣れてひと安心。
ここから釣れだすかと思いきや、釣れない。
ピクリともしません。

当日は最高気温27度で、時折、風速10mの強風。
狙った所に飛ばすのも初心者の私には至難の業。

強風下でもめげずに集中!

「リールを巻くスピードも肝心だよ」とアドバイスをもらい、いろいろと巻くスピードを試します。

1時間ほど経ったとき、やっと2尾目をゲット。
「この強風のなかスプーンで釣れたのはすごいよ」と褒められました。
そんな無謀な挑戦だったのね……。

エサ釣りも楽しめます

簡単に釣れちゃいました。

そして、最後はエサ釣り用のウキ釣りレンタルタックルを借りて、エサ釣り専用エリアへ。
ここでは5分ほどでヒット。

休憩もはさみつつ2時間で3尾のニジマスをゲットし、家で美味しく頂きました。
受付横に釣った魚をさばく流し台があり、ハサミや石鹸も常備。
さばき方の説明が写真付きなので、簡単にできました。
土・日はその場で焼いて食べられる魚焼き場もあるそうです。

受付にはポットやレンジもあり、カップラーメンやお菓子から魚の持ち帰り用保冷バッグも販売されています。
持参して使ったのはタオルと日焼け止めのみ。
まさにお手軽。
朝が苦手な私には、電車で行けてお昼からでも楽しめる最高の釣りスポットとの出会いでした。

都区内でこんなニジマスが釣れちゃうってすごくないですか!

今シーズンの営業はゴールデンウイークいっぱいとのこと。
もう少し早く知っていれば!次は9月末ごろから再開するそうです。
「また絶対来ます」とスタッフに宣言し、満足して釣り場を後にしました。

安藤麻貴/TSURINEWS編>

【お問い合わせ】
としまえんフィッシングエリア 電話: 03-3577-9978

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。