初夏から開幕!船から狙うマダコ釣りでおさえておきたい基礎知識

関西で超人気を誇る釣りのひとつ、明石の「マダコ」釣り。5月~10月がシーズンですが12月まで楽しめる年もあります。 

淡路島や明石海峡大橋を臨む絶好のロケーションで、コツさえつかめば比較的簡単に釣れてしまうことが人気の高い理由ですが、実は腕の差で釣果が大きく左右される点が、我々釣り人の魂をを魅了してやまないのも事実です。

齋藤 喜則 齋藤 喜則

船釣り エサ釣り

  

マダコ釣りのタックルとラインの選択

マダコ釣りに使う道具は、サオなら2,000〜3,000円程度、リールも5,000円程度の比較的安価もので充分戦力になります。

ジギングやバス釣りなどのサオ・リールが流用できるので、初期投資額が抑えられるのも、この釣りの魅力の理由のひとつでしょう。

潮流の速い明石海峡は古くからマダコの名産地として有名。

使用する糸はPEライン2〜3号がおすすめです。

ナイロン10号なども使用可能ですが、潮流が速かったり船が風で流されるのが速いと底着きやタコのアタリがとりにくくて不利になるため、PEラインをおすすめします。

また盛期の乗合船はお隣りさんとの間隔が狭く「おまつり」も多いため、太めの糸を使われると、外す時に比較的楽で高切れしにくくなるので良いですよ。

2種類の仕掛けを使い分けよう

仕掛けは主に2種類あり、「タコテンヤ」と呼ばれるオモリとハリが一緒になったものと、「タコエギ」というタコ専用の疑似餌を使用します。

どちらも海底をズルズルと引きずってタコのアタリを待ちますが、最近はタコエギを使う人が増えているようです。

タコテンヤは、本体にエサとなる豚の脂身・ガザミ・手羽先・アジ・イワシ・サンマなどをくくりつけて使用します。

生エサを使用するため、タコの嗅覚にアピールしやすくなります。
また寄せやすい点、タコが仕掛けに触腕を伸ばした後に離しにくい点で優れています。

タコエギはタコテンヤと違ってエサ巻きが不要で、その日の当たりカラーに簡単にチェンジできるので手返しが良くなります。

このため潮の速さ・狙う水深に合わせて最適な重さのオモリをすぐ使用でき、軽くすることで繊細なアタリを取りやすくなります。

釣り初心者やエサを触りたくないヒトにもGOODで、女性や子供にも扱いやすい点が人気です。

マダコ釣り用の仕掛けはここ数年で急速に拡大中!

昨年は「タコの恋人」に代表されるワーム素材を使用した疑似餌をよく見かけるようになりました。

前述の生エサと変わらないヒット率があり、タコを釣り上げた際にイワシなどのようにすぐ傷まず効率よく釣り続けられるため、バッカンにひとつ忍ばせておくとイザというときに役立つかも知れません。

マダコの誘い方

誘い方はどの仕掛けもまず着底させることが基本となります。
そこから、この4つを組み合わせてタコにアピールすることになります。

1.「トントン」とリズミカルに海底を小突く
2. 大きく竿をあおってリフト&フォール
3. 糸を送り込んでステイ
4. ズル引き

タコの密度が濃いエリアでは全くアクションさせず底をただズル引くだけで、ズッシリとしたタコのアタリをとれます。

この場合「底取り」がキモで、これさえしっかりできていれば誰でも竿頭を狙えるといっても過言ではありません。
オモリの重さや誘い方をこまめに変えながら常に底を意識してください。

仕掛けの違いによるアワせ方

アワセ方はタコの乗り具合によって異なりますが、タコの重みを竿先で感じながらひと呼吸遅らせてアワせることが多いです。

エサを使うタコテンヤはタコの乗りが良く、素早くアワせます。

タコエギはしっかり待ってアワせるイメージです。
エギの早アワセは身切れが生じやすく引き上げてくる途中でバレる確率が高まります。

大型のタコほど巻上げてくる途中の逆噴射が強く、本来の重みが加わる水面での攻防でサヨナラする危険度が増します。
特に目視後のバラシは凹みますので、大型ほどタモ網を使用して慎重に取り込んでください。

釣ったタコを美味しく食べるために

タコを美味しく食すためには活締めがお勧めです。

船頭さんによれば身が痛むのを防ぎ、匂いが出にくいそうです。

締め方は簡単で、タコの両眼の中間にあるコリコリした付近をナイフ等で刺して神経を切ります。

上手く締められると、アオリイカなどと同じで一瞬にして色が消えて身が乳白色に変わります

頭(胴体)部の左右・腕部の左右で合計4本の神経がありますが、上手く締められたかどうかを色で確認しながら刺す位置を調整してください。

また身に傷を付けたくない方は、タコの胴部(頭)を裏側からクリンとひっくり返してしまえば、自然に締まります。

ポイントの移動時に手際よくやれるようになれば一人前です。

様々な料理で楽しもう

最後にマダコの料理法ですが、これはもう何といっても「刺身」が一番ではないでしょうか。

刺身も、茹でたものと生のままと2つの食味を味わうのが良いですね。

他に「唐揚げ」「タコ酢」「タコわさび」「タコキムチ」など様々な料理で美味しく味わえますが、個人的なお勧めは「タコカレー」。

明石のマダコを使った贅沢なシーフードカレー。

茹でたタコをぶつ切りにしてカレーにしますが、タコから良いダシが出て風味が増します。身も柔らかくなって美味しい上に、疲れに効く「タウリン」が豊富ですので疲労回復にも良いですよ。

この記事を書いたライター

齋藤 喜則

齋藤 喜則

プロフィールをご覧いただきありがとうございました。 釣種:船タコ(テンヤ・エギ)、青物(ジギング、のませ)、タチウオ、大アジ、サバ、エギング、メバリング、ブラックバス。 最近は明石海峡周辺海域での乗合船沖釣が中心です。特に食べて美味しい魚を狙っています。