ボートエギング釣行:2.4kg良型アオリイカ登場!【佐賀県・星賀港】

春のエギングといえば、狙うは大イカである。もちろんショアからも狙っていくが、良型イカの実績が十分あるエギングができる場所といえば、沖のボート・エギングである。いつもお世話になっている、佐賀県唐津市・星賀港きずなまりんを利用し、4月27日(中潮)に釣行した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

午前勝負で開始

肝心の天気は晴れるが、午後から風が強まる予報。

午前中が勝負であり、時合いでもあるので、最初が肝心と見込んで船に乗り込む。

6人で午前6時に出港し、30分ほどの航行で鷹島沖(長崎県松浦市)に到着。

実績のある青島周辺のワンドからスタート。

水深10m付近を探る。

風はやや強いものの、時折弱まる時間もあり、ラインの動きが見て取れる。

開始早々に良型ヒット!

数投目、ラインが走った感じがしたのでアワセを入れると、グンッと重量感のある手応え。

大きめの流れ藻かもしれないなと思い、ティップに伝わる感触を確かめると、グーンと強烈なジェット噴射がやってきた!

イカに間違いない。

タックル図。

潮の流れと逆らってジェット噴射で抵抗したので、寄せるのに余計抵抗がかかる。

かなりの重量感なので、2kgはあるだろうと確信。

二度、三度とジェット噴射で抵抗し、大きく曲がったロッドとドラグ音で、ドキドキさせられる。

どうにか船べりまで寄せると、再度ジェット噴射で抵抗する。

最後の抵抗を楽しんだ後、無事ネットイン。

計測すると2.4kgの大型アオリイカであった。

2kgアップを目標に釣行したので、朝から達成でき、気持ちよく2尾目といきたいところだが、朝イチの1時間ほどは天候が良かったものの、その後は風が強まり、同船者の1人にぽつぽつヒットがある程度。

私を含め、ほかの人にもヒットはなく、風裏ポイントで何とかエギングをするが、タイムアップを迎えた。

次回釣行では、数も狙いたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣船について
きずなまりん
出船場所:星賀港旧フェリー乗り場
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年5月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。