新月大潮に尺メバル!Fシステム仕様メバリング【和歌山県・那智勝浦】

週末アングラーにとって新月大潮回りの釣行は、月一の大イベントといえる。悪天候であったり他に予定があれば釣りができない日もあるので、行けるときは何が何でも行きたいのだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

和歌山県・那智勝浦の地磯に到着

そんな新月大潮回りとなった4月12日、仕事を定時で終わりそのまま車を走らせ、午後10時半ごろに和歌山県・那智勝浦の地磯に到着した。

参考タックル図。

ターゲットは尺メバルで、潮位も私が好きなタイミングだ。

ただし、翌日の天気は大きく崩れる予報だったので、延長戦は避けたい。

タックルは9.1ftの長尺ロッドにリールはシマノ2500番ハイギアモデル。

15gまでのフロートを使用する対尺メバル用のガチンコ仕様だ。

ポイントの特徴として、基本的にはドシャローが多く、干満で大きく地形が変わる。

また、今回は干潮下げ止まりからのスタートで、低潮位限定ポイントに入った。

風はなくナギだったので、ジグヘッドは0.2g程度、ワームはハンドポワード製で素材が柔らかい『デカマッカム/DreemUP』を使用し、より自然に漂わせるセッティングとした。

ドリームアップのデカマッカムとスーパーボールの自作フロート。

うっすらと見える地形の変化を頼りにキャスト開始して探るも反応が悪い。

時々ショートバイトはあるものの、フッキングまで持ち込めない状況が続いたので少し移動した。

移動した先も低潮位限定ポイントだ。

潮位を考慮し1時間限定で挑戦してみる

潮位が上がると戻れなくなるので、1時間限定と決めて再開する。

過去に実績がある根周りを中心に探ると、ここでもショートバイトばかりだ。

このまま続けても釣れそうにないので、少し場所を休めようとキャストコースを変えてみる。

それから数投し、着水から少し巻いたところでアタリらしいアタリが出た。

アワセを入れゴリ巻きで寄せようとするが、根が荒くすぐに根に入られてしまった。

こんなときはラインテンションを張らず緩めずで、根から離れるのを気長に待つ。

メバルの場合は少し待てば出てくる。

そして出たら寄せての作業だが、今回は出たら寄せてまた入られてを数回楽しむことになってしまった。

それでもなんとかランディングに成功。

余裕の尺上メバルでコンディションも良く、美しい魚体。

低潮位限定ポイントで狙い通り余裕の尺超え。

サイズは堂々の32cmで、文句なしの1匹だった。

その数投後、続けて同じコースを通していると尺には少し足りないが、29cmの泣き尺が釣れた。

ここから連発といきたいところだが、制限時間が迫ってきたのでショートバイトがあったポイントを再度狙う。

最初よりも根をタイトに狙い、着水後はイトフケだけ取ってリグを潮に乗せる。

ワームの柔らかさを最大限に生かし、スローに誘うと一発でヒット。

狙い通りの1匹は28cm。

ハンドポワード製は食い込み抜群!

サイズは落ちたが満足度は高い。

ここで予定の時間となったのでポイントを移動したが、反応がなかったので納竿とした。

貧果で翌日の延長戦だけは避けたい状況での釣行だったが、最大32cmで3匹釣ることができたので大満足の結果となった。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
国道42号(那智勝浦新宮道路)を南下し終点を左折、国道42号(熊野街道)へ入りポイント各所へ。
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年5月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。