春アオリイカを求めて!九州エギング釣行記【鹿児島県・今和泉漁港】

4月10日、鹿児島県指宿市今和泉(岩本)漁港エギングで釣行したので報告しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ポイント概況

当日は午後3時に出発、現地には4時に到着した。

今回のポイントは、東側の防波堤でフェンスが設置してある。

フェンス越しにキャストしてアオリイカを狙うが、大型がヒットする予感がするのでギャフを備えてから、次にタックルをセットした。

辺りを見て歩くとスミ跡が点在していおり、その中には生々しい跡もあった。

最近、このポイントでヒットした証拠だ。

この時期のポイントは、沖のシモリ周辺にできる藻場。

産卵のためペアで接岸しているので、1尾ヒットすれば連発することが多い。

使用するエギは新しく作製した『亥ノ子/薩摩烏賊餌木・弾』(下布・金の木目、上布・黒と茶の網目)と、『丸十/薩摩烏賊餌木・弾』(下布・金の木目、上布・赤の網目)のフィールドテストを兼ねての釣行となった。

この2つのエギは、古薩摩烏賊餌木の焼きエギ(表面に焼き目で模様を入れるエギ)の代表カラーで、それを現在の布エギで再現したものだ。

まずはフルキャスト

最初に沖のシモリの中心部へ、丸十をフルキャストして狙った。

着底を確認し、ラインスラックをとってからシモリのショルダー付近で数回、軽トゥイッチングする。

そして、藻場の上をスローリーリングさせるとドーンとロッドをひったくるようなアタリがあり、ロッドが大きく曲がった。

ロッドを立ててゆっくり寄せてくると、アオリイカ独特のジェット噴射が伝わってきた。

海面に浮かせて抜き上げたのは、この時期にしては小型の500gのオスだったが、1投目からヒットしたことに驚いた。

私が作製している薩摩烏賊餌木・弾は、ハリがすべて全傘の1段(シングル)なので、バイトやヒットがあった場合、大きくアワせなくても向こうアワセでフックアップする。

反対に大きくアワせると、触手や足が身切れしてしまう。

その後もヒットしたポイント周辺を丁寧に攻めて、このオスとペアリングしていた大型のメスを探す中で、数回イカパンチを感じたがヒットしなかった。

エギを変更

参考タックル図。

ここでエギを亥ノ子にチェンジしてキャストした数投目、着底の前にラインがふっとフケた瞬間、ピーンと張って潮の流れと反対側にラインが走った。

カーブフォールさせていたので、リールのベールが返っていることを再確認しロッドを立てた。

すると、今度は1尾目とは違いロッドが大きくつの字に曲がり、海面に浮いてきたのは800gのメスだった。

この時期のメスはキープせずにリリースするので、バラしてもいいと思いギャフは使わず、そのまま抜き上げた。

エギを持ってイカを透かしてみると抱卵していたので、そのままリリースし、秋の新子の誕生に期待した。

この2尾に満足して、今回のエギング遠征を終了することにした。

釣行した今和泉漁港は新しいポイントだが、数・型ともに期待できるので、休日となれば私のように鹿児島市内からの遠征組も多い。

レッツエギング遠征!

釣行する際は、ライフジャケットは必ず着用するように。

夜間の釣りになる場合は、ライト類も忘れずエギングを楽しんでほしい。

<週刊つりニュース APC・橋元力/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
今和泉(岩本)漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年5月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。