船釣りでのイサキ攻略法をイラストで解説!【南房エリア】

南房の春~夏の看板釣り物「イサキ」を徹底攻略。ゴールデンウイークごろには40cm超えの特大実績も豊富で、梅雨を迎えると白子がパンパンに大きくなった魚も交じってくる。水温がなかなか安定しない時期は、やや食い渋るが、夕飯のおかず分程度の土産は堅い。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

エリア別の特徴

南房全域で楽しめる。

小湊エリアは釣り場も近く、ヤリイカなど沖の釣りをやってから帰り際に港近くでリレー釣りというのが定番。

「布良瀬」と呼ばれる一大漁場のお膝元、布良や相浜も良型実績抜群。

ビーチライン沿い平砂浦沖でも良型が交じる。

西川名沖や洲の崎沖も絶好の釣り場。

そして、波左間沖は特大の実績がズバ抜けており、ここ数年40cmオーバーがでている。

時期によっては食いが落ちることもあるが、近隣には好釣り場が点在しているので、すぐ転戦できるのは強み。

概況

4月は南房各地で水温が安定せず、極端に食いが落ちたこともあったが、現在は上向いており30cm超えが多数。

西川名の竜一丸では20日良型主体にトップ44尾。

19日38cm頭に18~42尾。

19日の釣果。

17日は、水温低下で食いが落ちていたが、真沖~波左間沖を狙い10~25尾。

17日にはジャンボイサキ。

時期による食味

イサキの美味い時期は年三回。

(1)冬の「寒イサキ」シーズン。

クセがなく上品な脂乗り。

(2)3月~GWごろまでのシーズン序盤。

産卵に向けて豊富に栄養を取るため、脂乗りバッチリ。

(3)産卵期。

身の旨味は(1)~(2)には劣るものの、大きくなった白子や真子は絶品。

イサキそのものの味や脂乗りを楽しみたいのであれば、産卵を迎える前の(2)の時期までがリミットだと思っていい。

タックル

南房では7対3~6対4の2m前後の竿がメーン。

ゲームロッドで流用可能。

ハリスは1.5~2号と細い。

太くすると極端に食いが落ちる。

付けエサはイカ短やバイオベイト。

付けエサはイカ短が主。

イカ短はコマセのオケの中に付けておいて、アミコマセの成分を染み込ませておくというのも、上手い人がよくやっているテクニック。

釣り方

ビシの上窓3分の1程度開放。

下窓は全閉から少しだけ空ける。

タナがずれないように、10m、1m単位でマーキングのあるミチイトを使う。

派手な誘いは不要。

ビシが暴れることで魚を散らすことにもつながる。

食いが落ちているときや大型ほど静かな誘いが有効。

【アタリ】

意外なことに35cmを超えるような大型ほど繊細。

軽く竿先がもたれるような前アタリを捉えられるかがカギ。

ここで大アワセをすると食い込まない。

静かに軽く送り込むくらいの動作で食い込みを待つ。

【やりとり】

細ハリスなので無理は禁物。

35cmを超える大型はアッという間にハリスを切り、ハリを折る。

ドラグは緩めにしておき、竿の曲がりを一定に保ったまま巻き上げていく。

【とりこみ】

ハリスが細いので消耗も激しい。

またバラシも多くなるので、抜き上げるというよりもそっと持ち上げるようなイメージで。

【よく釣る人の秘訣】

ハリスが細いうえ、釣れる数も多いので、見た目以上に消耗していることが多い。

ハリスを触ってざらつきがあるようなら即交換。

また、ハリスの透明度が落ちると食いが悪くなるという人も。

上手な人ほど1回の釣行で、こまめに仕掛けを交換している。

常連や竿頭は、紹介したこと以外にも、さりげない小技で釣果を伸ばしている。

一度観察してみては?

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年4月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。