ヤマメ躍動!短時間釣行で12尾の釣果【山梨県・小菅川支流白沢川】

4月20日(金)、山梨県北都留郡小菅村を流れる小菅川渓流釣りに出かけた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

白沢川を釣り上がる

午前8時ごろ、ソバ店の下流に到着。

釣り人の車が止まっていなかったので、下流の白沢川合流点から釣り始める。

小菅川支流の白沢川にも魚影を期待。

竿は『がま渓流マルチフレックス春彩硬調/がまかつ』5.4m、イトが0.2号の通し仕掛けでハリは『ハイパー渓流/がまかつ』5号、オモリはB。

エサはミミズ、ブドウ虫を用意。

まずは、手前の流れから狙う。

すると、流しきったところで目印が下流に引かれた。

あわててアワせると、16cmのきれいな魚体のヤマメが釣れた。

さらに2尾を追加してから、白沢川を釣り上がる。

淵で1尾追加して、さらに上流に進むと、ポツポツと釣れる。

さらに上がり、原始村下流のエン堤まで来た。

落ち込み脇に仕掛けを入れるとすぐにアタって、18cmが釣れた。

「まだいるだろう」と探ると、ゴツゴツというアタリ。

アワせると、まずまずの手応え。

抜き上げたのは、当日最大できれいな魚体の21cm。

さらに1尾追加し、10時半過ぎにツ抜けすることができた。

ここで車に戻り、上流に向かう。

淵で1尾、さらに釣り上がってもう1尾追加し、所用のため正午に納竿した。

釣果は15.2~21cmを12尾。

短時間の釣りとしては十分満足。

小菅川支流の白沢川も魚影が濃く、今年も期待できそうだ。

半日でこの釣果。

放流直前の釣行も吉

小菅漁協では毎月第4土曜日に成魚放流を行っている。

これを目当てに釣行する人が多いが、私は釣り人が少なくなる放流直前に釣行している。

すると天然魚主体にいい釣りができることがある。

型はそれほど大きくはないが、大雨後やウグイの産卵時期は、奥多摩湖から大型イワナのソ上がある。

そのため、大雨のあとは太めの仕掛けがいい。

<週刊つりニュース関東版 APC・内藤茂幸/TSURINEWS編>

▼アクセス
国道411号~国道139号利用。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年5月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。