カセから狙う良型クロダイ【三重県・フィッシングセンターマンボー】

4月13日、三重県・的矢湾三ケ所フィッシングセンターマンボウを訪れた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

潮通しのいいポイントで挑戦

今回挑戦したのは、深江浦カセでも潮通しのいいポイントだ。

朝から風が強く、正面はやや向かい風になるため裏向きに釣り座を構えてスタート。

参考タックル図。

事前に聞いた通り流れは速く、やや右前方への払い潮だ。

エサ取りもいない状況からのスタートだったが、前日の当たりエサであるサナギのかけらを主軸に、止めたり流したり、釣り方を探りながら手返しを続けていった。

午前8時、エサ取りも少なく、まだこれからだと思っていた矢先のこと。

4Bのオモリで底を転がすイメージで4ヒロほど流した先で前アタリが出たと思ったら、ヒュンと穂先が海面に突き刺さった。

ビン玉の下から姿を現したのは、47cmの良型クロダイ(チヌ)。

流した先で釣れることが分かり、同じ釣り方で30分後に3ヒロ先でヒットして45cmを追加できた。

午前10時半、エサ取りは増えたが、本命を追加できないまま2時間が経過。

潮が緩んできたのを見計らいノーシズで2ヒロほどイトを送ると、穂先をひったくるアタリで35cmがきた。

潮流が逆転し二枚潮へ

潮の変わり目に食ったようで、ここから潮流が逆転した。

上げ潮は左に流れるもたれ潮で、左側は底が荒れているのか根掛かりが頻発。

また、風で滑る上潮と底潮が逆方向の二枚潮となり、釣り方の再調整をしなくてはならないが、こういう作業もまた楽しいものだ。

午後1時半。

オモリやイトを送るタイミングを試行錯誤していると、3ヒロほど先で本命らしき魚が掛かった。

ところが、上げている途中でロープにこすれる感触。

しまいには動かなくなってしまった。

30分後に潮下で魚を掛けたが、今度は掛けた瞬間から何かにこすれる。

イトを切られたところで観念し、釣り座を正面へ構え直した。

風は朝よりも強くなっていたが、背に腹は代えられない。

正面へ向き直すと、払い潮になって流しやすくなっており、根掛かりもなく、格段に釣りやすい。

結果、納竿の午後5時までに40cmジャストを3匹追加することができた。

当日の釣果。

強風に悩まされたものの、朝から散発的に時合いが続いて退屈しない一日だった。

 

<週刊つりニュース中部版 APC・横山大幸/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年5月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。