釣りとBBQが同時に楽しめる!うみかぜ公園を紹介【神奈川県・横須賀市】

釣りとバーベキュー両方の条件を満たしてくれる場所が、神奈川県横須賀市平成町にある、うみかぜ公園

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

ファミリーフィッシングに手ぶらBBQも!

ビギナーからベテランまで楽しめるうみかぜ公園。

ここは、水深があって潮通しがいいので、季節ごとに、いろいろな魚が釣れる。

ベテランから初心者まで幅広く、様ざまなスタイルで釣ることができる。

また、安全柵が釣りに支障のない高さほどに設置されているので、小さな子ども連れでも安心してファミリーフィッシングを楽しめる。

近くには土日祝の早朝3時から営業している上州屋横須賀中央店がある。

さらに、公園内右奥にはバーベキュー専用の広場があり、土日祝は用品一式を貸してくれるレンタルショップがオープンするので、手ぶらでOK。

バーベキューも楽しめる。
バーベキューレンタルショップ。

すぐ近くには24時間営業の大手食料品スーパーもあって、食材調達が可能。

夕マヅメにはアジやイワシの回遊も!

4月14日(土)、釣り道具を持たず、GWの下見がてら、正午ごろ同公園へ。

すると、駐車場前のポイントで、横浜から家族できたという岩渕周(あかね)ちゃん(小4)がサビキ仕掛けタナゴカサゴをポンポンと釣り上げていた。

また、バーベーキュー場右側にある小堤防では、林さん(横浜市)が、30~70mほど投げて40cmオーバーのカレイ3尾36cmのイシモチ

小堤防。

ノジマモール前では、臼井さんがジャリメ(イシゴカイ)青イソメをエサに投げ釣りでキスメゴチ。

キスとハゼのダブルも!

夕マヅメにはアジやイワシの回遊もあるという。

帰りに上州屋横須賀中央店に立ち寄り、最近の釣果を中村店長に聞いたところ、「一週間前に良型のヒラメやマゴチが上がっています。ルアーや釣れたイワシを泳がせて狙えますよ。キス、カレイ、カサゴ、タナゴは例年通り釣れていて、夜釣りでは、例年よりかなり早く、タチウオが回遊」と教えてくれた。

<週刊つりニュース関西版 APC・間宮隆/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
うみかぜ公園
京浜急行横須賀中央駅から徒歩20分。
入釣無料で24時間釣り可能。ただし、常夜灯は午後9時に消灯。駐車料金は1時間310円、上限610円。
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年4月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。