魚種も豊富で大人気!本牧海づり施設を紹介【神奈川県・横浜市】

電車やバスを使い、家族で気軽に行ける海釣り施設。安全性が高いため小さな子どもも安心。水洗トイレやゴミ箱、食料品や釣り具の売店など設備が整っており、スタッフが常駐。時期によって多くの魚種を狙うことができる。今回は本牧海づり施設を紹介。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

本牧海づり施設への行き方

横浜駅東口からバスで30~40分ほど。

バスターミナルは大きく、複数のブロックに分かれているが、目指すのは「A」。

海づり桟橋行きと書いてあるのですぐわかる。

そこにある「1」のバス停に来る26系統「海づり桟橋」行きに乗車して終点で降りる。

行楽シーズンになるととてもにぎわう。

傾向としては、朝から満員状態、昼に帰る人がちらほら現れて少し空き、夕方からマヅメ狙いの人たちでふたたび混み合う。

訪れる前に電話で状況を確認したほうが無難。

5月ごろから熱中症にかかる人がいる。

売店でいろんなもの買えるので熱中症対策に利用しよう!

日焼け対策はもちろん、休憩室を利用したり、水分補給やアイスクリームを食べたりして適度な休息を心がけよう。

釣り場

釣り場は沖堤防と護岸に分かれる。

魚礁などは入っていないが、潮通しがいいため前者では回遊系の魚が、後者は根魚などが有望。

アジとカサゴをゲット!ぜひ家族みんなで楽しんでほしい。

チョイ投げでシロギスを狙うのも面白い。

現在はアジの釣果がでている。

例年、カタクチイワシがいい時期だが今シーズンは魚影がない。

<週刊つりニュース関東版 ・編集部/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
本牧海づり施設
料金(一回)大人900円、中学生450円、小学生300円
営業時間(4~10月)午前6時~午後7時
収容人数700人
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年4月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。