中深海ジギング!キンメダイのツ抜けに挑戦【三重県志摩沖・へいみつ丸】

三重・志摩沖の中深海ジギングでキンメダイが入れ食い?今まで聞いたことない情報に耳を疑う。調べてみると、手返しの悪い中深海ジギングで、キンメダイのツ抜け(10匹オーバー)達成者が続出しているではないか!これは実釣あるのみと、自分の休みと天気予報をにらめっこしながら、ここしかないと4月2日に釣行を決めた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日のタックル

お世話になったのは三重・志摩市大王崎から出船のへいみつ丸

いつもアカムツ、クロムツ狙いでお世話になっている船だが、キンメダイ狙いでは初めてだ。

当日は天気も最高の釣り日和。

世間的には新年度初日の平日ということもあり、お客は少なめで釣り座を右舷トモに広々と構えた。

午前5時45分に出船。

目指すキンメダイのポイントまでは40分ほどのようだ。

水深が310~350mとのことで、移動中に『スロージャーカー6番/Evergreen』のサオに今夏発売予定の『EZ-DAGGER(イージー・ダガー)400gプロト/ARMS』を装着してセッティング完了。

参考タックル図。

船長や同船者としゃべっていると、あっという間にポイントに到着。

しかし、3日前まであった大量のキンメダイの反応が見当たらない(ここ2日間はタイラバでの出船だったらしい)。

1流し目は小さな反応をたたくも、なんのアタリもなく付近を捜索することに……。

しばらくクルージングののちに船長がキンメダイらしき大きな反応を見つけた!少し離れたカケアガリのポイントに移動していたようだ。

仕切り直して水深340mへ向かってEZ-DAGGER400gを投入する。

するとフォール中にいきなりヒットだ。

着底までは45mほど残している。

キンメダイは海底から15m上までで釣る印象が強いので、なんの魚だろうか?と、頭の中ハテナマークで巻き上げてくると、水面に姿を現したのはなんと本命キンメダイ。

かなり上の層まで浮いているようで、ビックリだ。

水深があるため1流し1投と決まっているので、同船者が全員キンメダイを釣り上げるのを見届けてからの次の流し。

連続ヒット!

400gのジグでゲットした本命のキンメダイ!

今度はすんなり海底までメタルジグが沈んだが、先ほどのフォールでのヒットゾーンを考え、5mほど手早くシャクってからの食わせのフォールを1セットとして8セット、約40mほどを探ってみる。

すると海底から30mほどですぐヒット。

慎重に巻き上げると、これもまたキンメダイだ。

ここからは落とすたびに連続ヒットで、かなり活性がいいのだが、2回連続で巻き上げ中に外れてしまった。

思っていたよりキンメダイのサイズがいいので、フックをそれまでの2/0サイズから3/0サイズに大きくしてみると、ピッタリはまったようでバラシはなくなった。

順調に数を重ねて、中盤を過ぎたころには10投でキンメダイ7匹と、ツ抜けも見えてきた。

しかし、ここから思わぬゲストがポイントを襲撃!そう、サバである。

後半はサバの猛襲が。キンメとのツインも。

水深200~300mまでびっしりとサバがおり、メタルジグが途中でサバに食われて海底まで落下しないのだ。

運よくサバに捕まらずに着底すればキンメダイが濃厚。

しかしキンメダイが掛かっても、サバとともに現れたサメが襲ってくるかもしれないスリリングな状況に(汗)。

結果は?

私はどうしてもサバがかわせず、しかもそのサバをサメに襲われるという負の連鎖から抜け出せずに午後2時納竿。

残念ながら、わずかにツ抜けならずのキンメダイ9匹に終わった。

当日の釣果。キンメダイ9匹にサバ7匹。

思わぬゲストのサバ7匹のおまけつきだ(笑)。

次回はキラキラが好きなサバをかわすため、艶消しのメタルジグでも準備して再びキンメダイ狙いに挑戦しようと思う。

3日寝かしたキンメダイはクセのない上品な脂で最高においしい♪釣果の一部と物々交換した日本酒をあじわいながら海の恵みに感謝☆

3日寝かしたキンメダイはクセのない上品な味!

<週刊つりニュース関西版 APC・奥村眞佐夫/TSURINEWS編>

▼この船について
へいみつ丸
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年4月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。