海岸からの投げ釣りで狙う!春のキス【神奈川県・国府津海岸】

サクラの満開ともに水温が急激に上昇し、それにつれて湘南地方の各浜からキスの便りが聞こえてきた。3月末には平塚海岸大磯海岸ではしりの釣果が確認され、釣行前日の3月31には茅ヶ崎海岸でも、まとまった釣果があったらしい。そこで4月1日(日)府津神奈川県小田原市の国海岸へ釣行した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

春の国府津海岸

午前5時半に到着。

日曜日ということもあってか、釣り人の姿がかなり見受けられた。

だが、ほとんどがルアーマンで、投げ釣りはざっと見て5人くらい。

水深がある旧プール下に釣り座を構えた。

エサは前週の残りのジャリメを使用。

参考タックル図。

これがなくなるまでの約3時間の勝負だ。

第1投を7色へ投入。

しばらく潮に任せて流し、様子を見る。

潮は右から左へ緩く流れている。

15分ほど流してから仕掛けを回収すると、エサはそのまま残っていて、かじられた跡はない。

2投目は8色に投入して、ゆっくりとサビいてみる。

7色付近に重く感じられる場所があったので少し待ってみたが、アタリはない。

巻き上げた仕掛けのハリには、川ゴミが付いていた。

「このゴミ付近に魚がいるのではないか」と考えて、1時間ほど7色付近を探ってみたものの、アタリはない。

たまにエサが伸びて帰って戻ってくるが、魚に引っ張られたのかどうか分からない。

これほどアタリがないと、「攻めているポイントが違うのではないか」と考え、

攻め方を大きく見直すことにした。

ポイント変更で待望のアタリ!

最近のポイントは思ったよりも近場らしいので、次は6色に投入してゆっくりと探ってみた。

すると、この日初のアタリ。

巻き上げて見ると、これはニシキゴイのようなヒメジ。

本命ではないものの、魚が釣れてきたので、「ここは時合いか」と思い、急いで再投入。

すると、着底後、ほんの数mサビいたところで、コツンとなにかがアタったような感触。

そのまま少し待っていると、ブルッという動き。

このアタリは本命っぽいので慎重に回収すると、波打ち際から姿を現したのは、18cmクラスのキス

嬉しい本命!

「ここがチャンス」と次の投入でも6色からていねいに探る。

すると、5色半でまたもやコツンという反応があり、同サイズが釣れた。

しかし、時合いはここまで。

その後、同じ釣り方で1時間半探ったがアタリはなく、エサ切れになったところで納竿した。

私が釣行したあとは、日を追うごとに上昇している。

しかも、国府津海岸だけでなく、周辺の砂浜や伊豆半島でも好釣果の声が聞こえだした。

これから春の好シーズン真っ盛りになるので、家族で釣りを楽しんでもらいたい。

<週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎/TSURINEWS編> 

▼アクセス
国府津海岸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年4月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。