河口でメバリング!ジグヘッドで本命を狙う【兵庫県・野田川河口】

私が所属するイエローソルトウオータークラブ(YSWC)の吉田会長が「このごろ、姫路の野田川河口で20cm前後のメバルがいい感じで釣れている」との情報を入れてくれた。ということで、早速、3月31日に行ってみた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

飾磨大橋下から飾磨港までをランガン

しかし、野田川とは聞いたが右岸なのか、左岸なのか?

昨年、私が出かけたときにはシーバスに悩まされたのだが……。

会長を信じてポイントに決めたのは野田川右岸

飾磨大橋下から飾磨港までをランガンすることにした。

ポイントには午後6時30分に着き、タックルの準備。

足場が高いためロッドは8.6ftリールは2500番

ラインはPEライン0.2号にリーダー6ポンド

ジグヘッドは『レンジキープ/OceanRuler』1.2gにワームはクリア系の赤ラメ入り2インチ。

シーバス対応と、足場の高さを考えてタモを用意した。

1投目は大橋の橋脚方向にキャスト。

ラインを張り、カーブフォールさせるとコツンとロッドティップをたたくバイト反応が……。

軽くアワセを入れると乗った。

しかし、何か違う。

シーバスだ。

ゆっくりとやり取りしてネットインさせたのは40cm級のシーバス

去年も悩まされたシーバスの再来。

そして、2投目もシーバス……

ポイントが違うのか……。

そこで、少し南側へ移動してみる。

ポイント移動で待望の本命

大橋の常夜灯の明かりが少し当たる所でキャストし、早々にリーリング。

水面直下を引いてくると、グッグッとバイト。

軽くアワセを入れると乗った。

上がってきたのは20cm級のメバルだ。

そこから連チャンで3尾を追加。

しかし、その後は20~50cmのシーバスがお祭り騒ぎ。

さらに南側へ移動。

するとすぐに18cm級のメバルを3尾追加

そして、その後はシーバス祭り……。

メバルが釣れてバシャバシャとすると、シーバスが寄ってくるのか?

シーバス祭りながらもしっかり釣れました。

さらに南側にいくと、そこにはカップルがいたので、私が撤収(笑)。

最初の橋脚付近に戻ったが、以降はシーバスのバイトもなくなり、午後8時半に納竿とした。

<週刊つりニュース関西版 APC・塩野憲章/TSURINEWS編> 

▼アクセス
野田川河口付近
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年4月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。