初心者入門にも最適。船釣りで狙うイシモチ!【金沢八景進丸】

日差しが眩しい3月28日(水)、今シーズン好調が続いているイシモチを狙って、東京湾金沢八景(漁港内)の進丸の午後船から釣行。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

午後0時半に出港

南風が吹き、汗ばむ陽気。

私は左舷胴の間に座り、6人を乗せて午後0時半に出港。

ポイントは真沖で航程10分ほどの近場。

風の影響はなくナギで心地いい。

基本的なタックルは別図参照。

今回、私は竿がオモリ負荷15号前後で2.4mと2.7mの胴調子。

小型両軸リールを組み合わせる。

参考タックル図。

ミチイトはPEライン1号、フロロカーボンライン2号で全長1.5mの仕掛けを繋ぐ。

ハリはセイゴ12号の二本バリ。

オモリは夜光グリーン30号。

エサは青イソメの頭をチョン掛けして1匹掛け。

「水深23m。始めてください」のアナウンスで船下へ投入。

オモリ着底後、イトフケを取り、オモリが海底を這うようにセットして置き竿にする。

すると、すぐに竿先を激しく上下させる本命独特の強いアタリ。

船中ファーストヒットなので、ていねいにリーリングして顔を見たのは25cm級。

誰かにアタリがでると全員にチャンスあり!

これを皮切りに周りの人たちも反応がでる。

この魚は群れで回遊しているので、誰かにアタリがでると全員にチャンスがある。

右舷トモ寄りの相模原から来た福原さん夫妻にダブルヒット。

続けてミヨシ側の鈴木さん親子にも25~30cm級の一荷でいきなり好模様。

親子で釣行。

今年の群れは近年まれにみる濃さで、この日も入れ食いで大忙し。

二本の竿に同時にコンタクトがあることは多いが、一荷を狙ってアタリがあってもすぐには上げずにじっくり待つ。

竿先が海面に突き刺さるような強烈な反応に、急いでリールのミチイトを手で引き出しながらやりとり開始。

これを見た船長はタモを用意してスタンバイ、格闘モードに突入する。

相手は首を振りながらズルズルとミチイトを引き出し続ける。

ようやくおとなしくなったころ、ポンピングでリーリング。

しかし、数回やりとりしたところでバラシ。

上がってきた仕掛けには、一荷の上バリに食いちぎられた頭だけがぶら下がっている。

胴体だけをくわえていてハリまで達していなかったようだ。

「下バリの小型のほうをひと飲みにしてくれていれば……」と思うと残念。

竿頭の筆者。

相変わらず船中あちこちで釣れ続き、船は流しっぱなしでポイント移動なし。

初心者にも分かりやすい明確なアタリなので、手軽に楽しめる。

釣果を伸ばすコツは、強いアタリに驚いてすぐにアワせたり、リーリングしたりしないこと。

イシモチは「向こうアワセ」といい、魚のほうからハリに掛かってくる。

何回も竿先が上下するのを見守ってからリーリングすることが重要。

待つことにより一荷が狙え、楽しさも倍増する。

午後3時、中潮満潮の潮止まりで食い渋り始めた。

ここで初めて小移動のアナウンス。

こんな時は、竿を大きくゆっくり上下させ、エサをアピールする誘いをかければポツポツ追釣できる。

30分ほどすると潮が効きだし、30cm級主体で良型が釣れ始めたが、4時に沖上り。

船中釣果は18~30cm20~64尾で、運よく私が竿頭になった。

かなりバラシがあったので、ていねいに釣れば一束(100尾) オーバーも狙えそう。

今が大チャンスなので、大釣りを楽しみに出かけてみてはいかが?

<週刊つりニュース関東版 APC・野田栄/TSURINEWS編>

▼アクセス
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年4月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。