ヘラブナ乗っ込み最前線【茨城県稲敷市上の島新川】

茨城稲敷市を流れる上の島新川は、佐原向地のなかでフナ族の濃さはトップクラス。
外来魚が極めて少ないためか、柿の種サイズの小マブがハリ掛かりする貴重な釣り場だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

乗っ込み期は上流部が狙い目

樹木の垂れ下がりを狙う。

比較的オデコの少ない釣り場だが、かつてのような勢いはなく、現在は秋の新ベラ放流時のみ注目される程度だ。

だが、乗っ込み期に大型が浮上することは意外に知られていない事実。

目を見張るような魚が飛び出し〝上の島フリーク〟を熱くさせている。

同川は上流部にある旧せんべい屋から川幅が極めて狭くなり、役前新川と名称を変える。

乗っ込み期はこの上流部が狙い目だ。

同川はほぼ全域に渡り護岸化されているため、魚のハタく場所はないが、上流部は樹木の垂れ下がりが多い。

また、生活排水などの流れ込みもあり水温が高いため、格好のハタキ場になっている。

釣り方は対岸の際狙いが好ましい

立派なヘラがお目見え。

釣り方は対岸の際狙いが好ましく、竿は13尺前後。

水深は浅く、60cm~1本弱。

流れを伴うので、ハリスオモリかライトドボンで対応しよう。

エサは『粒ペレS/VARIVAS』をまぶした両グルテンか、グルテンセット。

ジャミがうるさい場合は、ダンゴに近いバラケを着けるとウキの動きが落ち着くこともある。

樹木の陰は魚の溜まり場になっている。

張り出した雑草に注意しながらエサ打ちしていこう。

寒の戻りとなった3月19日(月)、スーパーエービン裏で竿を出した。

西寄りの爆風のなか午後2時~4時半まで竿を振り、37cmの良型1枚。

時期尚早のような感じで、アタリは数回だけしかなかった。

同行の釣友ミホリンは「こんな狭い水路に、こんな立派なヘラがいるんだ」と驚いていたが、これが春の上の島。

本当に侮れない存在なのだ。

<週刊へらニュース APC・中村直樹/TSURINEWS編>

▼アクセス
入釣無料、釣り台、長靴必携。
東関道大栄IC~国道51号を佐原方面へ。新水郷大橋を渡り北田交差点を左折して国道125号を龍ケ崎方面へ直進。新利根川に架かる新利根大橋手前の信号(右に黒田屋商店)を右折すれば干拓橋。
この記事は『週刊へらニュース』2018年4月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。