スロージギングについて解説してみた【タックル編】

近年ジギングタックルの進化によって、対象魚に対するアプローチの仕方が変わってさまざまな魚が狙えるようになったのがスローピッチジャーク、最近ではスロージギングと呼ばれる釣り方だ。今回はこのスロージギングについて、僭越ながら解説してみたい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

概要

リールでファイトするので剛性のいいものを使いたい。

私がこのスロージギングを知ることになったのは、今から15年近く前になるが、会社の大先輩に室戸に連れてもらったのが最初だ。

この時の狙いはカンパチだったが、大先輩は専用ロッドに当時としては比較的細いラインで重いジグを使い、ゆったりしたシャクリをしていた。

私はスロージギングのロッドは持ってなく、一般的なジギングロッドでスローピッチのマネごとをしているだけでリズムが悪く、全く釣りが成立していなかったと記憶している。

この釣行を機にスローピッチにのめり込み、ジギングはスローピッチが中心になり、初めて中深海ジギングを知ったのも室戸で、狙いはアカムツだった。

当時水深300mは未知の世界。

最初のイメージは回収が大変、回収のことを考えてリールはマーフィックスなどの大きなサイズを使っていた。

何度か釣行を重ねることで水深300mの回収も気にならなくなって、回収の時間よりもジグを動かす時間の方が長いので、リールのサイズを小さくしてジグのリフト中の負担を軽減。

今ではアカムツには『オシアジガー1000HG/SHIMANO』に『スーパーファイヤーライン/Berkley』1号を600m巻いて釣行している。

タックルと誘い方

ジグはロング系と木の葉型。

さて、ここからはタックルについて。

スロー専用ロッドも各メーカーからいろいろ発売されているが、大きく分けて少々ロッドのタメが効くエントリーモデル感度と操作性に優れたエキスパートモデル2タイプに分類され、経験に合わせて選ぶことができる。

私の場合、3番と4番をメーンに5番と6番を使う場合もある。

3番と4番はジグをゆっくり持ち上げてゆっくり下ろすときに、5番と6番はジグを長くスライドさせるときに使うが、ジグが水中でどんな動きをしているかは、ジグの形状とイトフケでイメージしているだけだ。

実際の動きはイメージした動きとは違うかもしれない。

しかしイメージして釣りをすることによって、ロッドとジグの選択が変わってくる。

ゆっくりした誘いをするときはジグをリフトしてからストップ、フリーフォール、テンションフォールを意識している。

この時のジグは木の葉型のジグを多用するが、ジグの抜けが悪いときは長いジグを使うこともある。

ジグをスライドさせたり、速いアクションで誘ったりするときロング系のジグを使っている。

またその時のベイトによって、ロング系がいいときと木の葉型がいいときとあるようだ。

ジグの重さは船長が指示する場合があるが、300gを中心に250g~400gを用意する。

400gは潮が飛んでいるときのお守りとして持っていく。

船長より指示がない場合は水深にもよるが、300gからスタートして潮の状況と自分がイメージする釣りの展開で重くしたり、軽くしたりする。

例えばゆっくり誘う釣りをしたいときに、潮が緩くてジグの抜けが良すぎる場合は重くしたり、同じジグでもロッドの番手を落としてみたり、潮が効いて重いジグを使うときはロッドの番手を上げたりと、感覚的なことになるのでうまく表現できないところになってしまう。

参考タックル図。

【ジグのカラー】
ジグのカラーは、ドットグロー、オレンジグロー、ブルーグローなど経験豊富な人によって何がいいか調べて、実践で裏付けたカラーがたくさんある。

グローは中深海では定番だが、時にはグローを嫌うケースやグローが目立ってサメが先にアタってくるケースもあるので、そのようなときはグローなしを試してみてほしい。

実際、同じジグを使ってもグローなしの方が釣果がいいこともあるので、グローなしもあった方がいいだろう。

「ジグの色は関係ない」ということは全くないと思う。

【フック】
次にフックについて。

アシストラインは状況で長さを変えていく。

アシストフックは3本バリや4本バリ。

フック自体に弾力を持たせて口切れを防ぐようにするなど、アカムツ狙いなら完成された市販品はいろいろ発売されている。

ターゲットが大型のクロムツアラになると、アカムツ用では不安になってくるので、私は全て自作している。

自作の利点としては、自分の好きなように作れることが大きい。

アシストラインの長さ、フックのサイズと形状、全て自分の思うように作れる。

私の場合、アカムツ用でフロロカーボンライン入りアシストライン12号でストレートポイントのシャンクが長いフックをダブルにしている。

アシストラインの長さは3cm、4cm、5cmと3種類作っている。

ストレートポイントを使う一番の理由として、魚の体に掛かりやすくするためだ。

体に掛かっていれば、仮に口切れしたとしても、キャッチ率は上がるはず。

またシャンクの長いフックにすることで、クロムツなどの歯が少しでもアシストラインに触れないようにと思って使っている。

<週刊つりニュース中部版 山本憲史/TSURINEWS編>

【ターゲット魚と釣り方編】はこちら!

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。