スロージギングについて解説してみた【ターゲット魚と釣り方編】

近年ジギングタックルの進化によって、対象魚に対するアプローチの仕方が変わってさまざまな魚が狙えるようになったのがスローピッチジャーク、最近ではスロージギングと呼ばれる釣り方だ。今回はこのスロージギングについて、僭越ながら解説してみたい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

青物について

釣れるサイズに合わせてフックを選ぼう!

スロージギングでは青物もターゲットになる。

青物といえばブリ、ヒラマサ、カンパチが3大青物と言われているが、今回は伊勢湾伊良湖周辺で釣れる青物で書いてみたい。

伊勢湾周辺の青物イナダ→ハマチ→ワラサ→ブリを指している。

私の考えではイナダ、ハマチは人間で例えると小学生、中学生で、いろいろな物に興味を示すころなので、速い動きに果敢にアタックしてくる。

その場合はスローピッチで狙うよりもスピニングで速巻き、ストップが有効なケースが多い。

ワラサ、ブリと個体が大きくなるにつれて活性が良くないと速い動きに反応しなくなり、基本的に底べったりになる。

最近ではジグが着底してから速巻きして見せて、フォールで食わせることが主流になりつつあるが、私の場合はまずは魚の活性が低いことを想定して、着底してイトフケを取ったらすぐにリフト&フォールで誘いと食わせのアクションにする。

参考タックル図。

なぜなら底べったりでヤル気のない相手に速巻きしても、ジグを追わないことの方が多いと思うからだ。

追わない相手に対して速巻きで仮に10回リールを巻くことによって魚がいないレンジで食わせのフォールを入れていることになる。

それを考えて、まずはハンドル半回転で1回リフトさせる1/2ピッチで10回ぐらい、底から約5mを探っていく。

これを軸に底から5mの間を1ピッチにしたり1/3ピッチにしたりして、ジグの移動距離を変えていく。

ジグを遠くの魚に見せる意味合いと、着底ポイントを変える意味合いでジグを中層まで上げて落とし直す。

魚の活性が良くて浮き上がっていたら、魚がいるレンジまで巻き上げてフォールで食わせるようにする。

水深70m前後でも20mでも、ジグは200~250gを使う。

潮の具合でたまに300gを付けたいときもあるが、乗合船で300gを付けて隣の釣り人が200gだとオマツリしてしまうので、我慢して250gまでにしている。

重いジグを使うのはしっかりフォールをさせたいから。

150gで底取りができたとしても、潮で流されていてはラインが斜めになっている分、サオ先を持ち上げてもその分のフォール幅は作れない。

重いジグでラインが立っている状態なら、サオ先を持ち上げた分だけのフォールが入れられて、食わせの間が多く作れるのだ。

20mラインの浅場ではドテラ流しになるので、釣り座が風下になる場合はジグを前方にキャストし、船がジグの上を通過する前に3~4回リフト&フォールさせ、船がジグの上を通過しそうなら再度キャストする。

これが軽いジグの場合は、着底するころに船はジグの上を通過してしまう。

フォールの食わせる間を作れず、水深の浅いポイントでは魚は船のプレッシャーを感じて口を使いにくくなる。

20mラインでも200gを使った方が釣りやすいし、ヒット率も上がる。

ロッドの弾性を利用してシャクる。

乗合船でブリのみを狙うときのラインは、1.5号と2号を使う。

細いラインの方がジグがしっかり動くので食いも良くなるが、極端に細すぎるラインはオマツリしたときにラインブレイクするリスクがある。

ロッドはジグをスライドさせないことを意識して、1番か2番を使う。

アシストフックの長さはフロントフックとリアフックが重さならない程度で、フックのサイズはブリならオーナー『カルティバのシワリ/OWNER』3/0、4/0、ワラサクラスなら2/0、3/0を使う。

ヒットしてからは、魚に対してロッドとラインが直線になるようにしてリールだけでファイトすると、素直に上がってくる。

リールでファイトするので、剛性の高いリールを使いたい。

サオを立てて魚にプレッシャーを与えると魚が嫌がって、暴れて逆に時間をかけてしまうことになる。

場合によってはロッドが破損する場合があるので、注意していただきたい。

マダイについて

マダイはフォールスピードが肝心。

マダイカニ、エビ、小魚の他、ゴカイイカタコなど何でも捕食し雑食性が強い魚だが、ジグで狙いやすいときベイトが小魚イカのときだと思う。

その中でもイワシを捕食しているタイミングがスローピッチで反応がいい。

大量のベイトに着いているようなときは、ベイトを散らすような感じでジグを見せ、ベイト反応の上に来たところでフォールを入れるとアタってきたりする。

高活性時の青物のようなパターンもあれば、ゆっくりロングフォールでアタッてきたり、着底からひとシャクリ目でアタッてくるケースもある。

いずれのパターンの場合でもフォールスピードが肝心で、特にボトム付近でヒットする場合はフォール中に追ってきていると思われる。

その日、そのときに合ったフォールスピードを探すことが重要だと思う。

マダイ狙いでのフックに関してはいろいろ試したが、今は『ジゲン/VANFOOK』1、1/0、2/0、3/0で落ち着いており、ダブルにしてラインの長さを1cmと2cmで作っている。

ジゲンは伊勢尼形状でカンヌキに入りやすく、バラシが少なくなったので気に入って使っている。

サイズも基本的に魚の口のサイズに合わせて使うが、アタリがあっても掛からない場合はサイズを変える。

例えば大型のマダイがよく釣れるポイントでは3/0のフックを使うが、それで掛からない場合は2/0、1/0とサイズを落としていく。

この辺りはどんな魚でもいえることだが、アタリがあって掛からない場合、一番の原因はフックにあると思ってこまめに交換することが大事だ。

最後に

いろいろ書いてみたが、そのときそのときに釣れた釣り方が正解。

個々人が楽しめる釣りができればいいと思っている。

私は毎回帰りの車では、頭の中で反省しきり。

その反省を生かすことができたらもっと釣れるんでしょうね……。

<週刊つりニュース中部版 山本憲史/TSURINEWS編>

【タックル編】はコチラ!

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。