春の乗っ込みチヌ釣り!50cmオーバーもお目見え【長崎県南南九十九島】

3月5日、私が所属している釣りクラブの大会を長崎県の南九十九島で行った。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

抽選で2人1組のペアを作り、上礁していく

目の前にイカダがあって雰囲気抜群!

今回お世話になる佐世保市鹿子前町の竹内商店に到着すると、私たち以外にもたくさんの釣り人が集まっていた。

メンバーも集まり、抽選で2人1組のペアを作る。

午前7時、船に荷物を積み込み、順番で瀬上がりをしていく。

私は桑原さんと松浦島の北側に上礁した。

30mほど沖にイカダが入っており、チヌ(クロダイ)の気配がぷんぷんする。

しばしの雑談の後に準備に取りかかった。

今回準備したまきエサは、オキアミ2角、配合エサは『爆寄せチヌ』2袋、『チヌパワー激重』1袋、『チヌパワーダッシュ』1袋(いずれもマルキユー)。

まきエサは時間をかけて粘りが出るまで混ぜ合わせ、最後は押さえつけて空気を抜いて仕上げた。

つけエサは、『くわせオキアミスーパーハードチヌ』、『くわせ丸えびイエロー』、『くわせ丸えび丸呑みレッド』、『くわせ練りエサ・チヌの食い渋りイエロー』(いずれもマルキユー)を用意した。

ウキを沈める釣りでスタート

参考タックル図。

ウキを浮かせて釣るか沈めて釣るか悩んだが、結局いつものウキを沈める釣り方でスタートした。

海に向かって右側が私、左側に桑原さんが入る。

私は正面にあるイカダの少し手前をポイントに設定した。

そしてイカダに付いているであろうチヌをおびき寄せるイメージでポイントにまきエサを入れ続けた。

まきエサを10分ほどまき続けた後でつけエサを装着して仕掛けを投入する。

風は右から吹いていて、上潮が左に滑っているのでサオ先から海面に突っ込み、ミチイトがなるべく上潮に取られないようにしながら流していく。

1流しして仕掛けを回収すると、つけエサがきれいに残ったまま。

その後もつけエサをローテーションしながら狙うが、底潮があまり動いていないのか、状況は変わらない。

一方、桑原さんの釣座はフグが多く、つけエサとハリがすぐになくなるとのことだった。

まきエサが効いていないのか、状況があまりパッとしない中、しばらくして桑原さんが「やったー、きました」と言うので見に行くと、タモに収まっていたのは40cmほどのチヌだった。

チャンス到来?!

40cmオーバーをゲット!

今がチャンスと思って釣座に戻りサオを振り、集中しているとサオ先から垂れるミチイトにわずかな違和感があった。

そのままミチイトが走らないので仕掛けを回収すると、ハリ上5~6cmの所がキンクしていた。

チヌはいると確信してサオを振るのだが、次にアタリをとらえたのは、またも桑原さん。

しかもサオの曲がりからして先ほどより型が良さそうだ。

時間をかけてやり取りをし、ようやくタモに収まったのはパッと見でも50cmオーバーの大本命だ。

状況を聞き、写真を取らせてもらった。

釣座に戻り、足元にまきエサをまいて様子をうかがう。

「エサ取りが出てきたかな?」と思いながらサオ先から垂らしているミチイトを見ていると、わずかにミチイトが張ったようだったので半信半疑でアワせると、手元に反応が伝わってくる。

ゆっくりとサオの弾力で浮かせ、無事にタモ入れしたのは40cmを少し超えるぐらいのチヌだった。

型には少し不満があるものの、1尾釣れてくれてひと安心だ。

その後、2尾目も同じぐらいの型で、満潮いっぱいの時間帯に手にすることができた。

大会終了の午後3時までサオを振り、2尾の重量での結果、優勝が桑原さん、準優勝が永島さん、3位が山田さんで大会は幕を閉じた。

50cmオーバーを釣り上げ、優勝!

今回の大会で釣れたほとんどのチヌはお尻が赤くなり、丸々としたコンディションの良い状態だった。

1人で10尾のびっくり釣果もでており、今後はますます上向くと思われるので、皆さんも乗っ込みチヌ狙いに出かけられてみては。

<週刊つりニュース西部版 APC・大楽院博之/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年3月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。